個人用株式信用取引、急増
半年間の個人向け株式取引代金、現金取引が、約51兆円。信用取引が、約43兆円で、約45%になる。
今ハヤリのディリートレードは、株式信用取引が多く、また、ワトロン債や日経225先物などの取引も多い。
後者は、投資金額だけの損失で良く、利益を得た時は、投資金額の何十倍・何百倍も利益を得ることがあり、ギャンブル感覚で、取引をしている。
株式の信用取引が増加したのは、ネット証券の口座が増えたことに比例し、株式売買手数料の低下と資金の弁済期限を無くした点から。

ディリートレードが膨大に増え、株取引システムが、ヘラクレス市場のようにトラブり、また、ネット証券も回線トラブルが発生し、回線が繋がにくくなったり、株式の売買が出来なかったりし、IPO株上場を一時的に止めたりする問題が発生した。

現在、個人投資家の信用買い残高が、約3兆円あり、今後この動きにより、株価の乱高下が予想され、かつ、相場が急劇に変動すと、損失が巨額になる恐れがある。(日経夕刊より)
この記事は、IPO株の売出しみたいに、一時的にバブルが、個別銘柄に発生している警告かもしれません。(阪神対策?)

ネット証券が莫大な金利と株式売買手数料を得ていることを意味しますので、
規制が、入らない限り、ネット証券の株価は、上昇します。?

日経平均株価、1万3700円を超しましたが,私の持ち株は、ボロボロで,下落。
円安、ドル高で、車・ハイテク関係が上昇。鉄鋼・商社・銀行株は、下げ。
先月の米国の車販売台数、GM・フォード共にボロボロで20%ダウン。
特に利益率の高いSUV関係が、30%~50%減。両者の格付けが引き下げられる可能性がある。(これが円安圧力になればGOODですが)
日産絶好調16%UPで、また、105円の米ドル為替予定が、114円、差益だけでも莫大な利益。100株単位で買えます。株価1800円は、硬く目標2000円???。
[PR]
by mytam | 2005-10-04 23:19
<< 吉野家、ストップ高。 期待の日銀短観は? >>