米国は、GM不況になるのか?
米国第一の製造会社GM,系列会社デルファイ倒産の件で、米国証券取引委員会より召喚状を受け、GMの年金処置問題、デルファイとの会計取り引き内容、社内の保険部門の会計内容を報告。
GM情報提供を求められたことで、金融部門子会社GMACの不正会計処理疑惑が懸念され、一時信用不安、倒産のうわさまで飛び交った。
これを受け、NY株式市場は、自動車関連株を中心に大幅下落。
日本の株式市場でも、午前中、大幅下落で、昼過ぎより上昇。
自動車株は顕著で、昨日好決算の発表したホンダが、120円安の6240円。トヨタも20円安の5230円。と影響が大きい。
さらにGM、子会社GMACの売却に、疑惑は悪影響で、不安が尾引く状態。

この件をカルロス・ゴーン社長は、”大手自動車メーカーが不振時は、業界全体にも、市場、サプライヤー、販売会社にも影響を与え。好機より、リスクの方がはるかに大きい”と述べた。
中間決算内容は、前年比12.1%増の4兆4909億円、営業利益が同2%増の4115億円、
経常利益は前年比1%減の3956億円、純利益は3.4%減の2307億円。
2005年度通期予定は、売上高9兆円、経常利益8600億円、純利益5170億円。
利益向上の期待は、有利なレートがリスクを補う、すなわち為替差益みたいですね。
不安が走ります、来週また、株価1200円割り? 困る。

米国の鉄鋼株、燃料・原料インフレで、大幅減益。
USスチール、天然ガス高騰と薄板出荷量が15%減、売り上げは14%減で、損益は70%の減益の約120億円の黒。とあります。
鉄鋼関連、米国系外人買いは、期待薄。アラブマネーを期待。

格付け情報が入り乱れて面白い。
ゴールドマン・サックス証券が、新日鉄は、売りの判断で、妥当株価が、367円。
JFEは妥当株価は3623円これは、上昇のILです。
日興シティ証券は、新日鉄は、買いで、400円の目標を600円に変更。これは、ラマダン明けを期待して。住友金は、350円から450円に変更、買いです。
[PR]
by mytam | 2005-10-28 22:00
<< 松下は、あきんどです ソニー、実質赤字決算 >>