投信期待?爆発??
 日経平均、昨日の陰線包みをダマシに反動パワーをレバレッジに415円高の14124円と大陽線。結果的に、上値抵抗線を全て排除し、5日線復帰。
 確かに、EU市場は、原油先物価格の下落を受け、大幅上昇し為替もドルが安定化し、円安・ドル高に振れ105円台に、また、NYダウも49ドル高と小幅ながら下ヒゲを作っているので、見方によれば反転のシグナル、そして、CMEの日経225は、13935円と堅調な数値となり、上がる要因は有りましたが3%も上がるとは、想定外。
 明日には、大形投信の設定が、日興とみずほを合せると掛け声で6000億円、話し半分でも3000億円が東京市場に流れる筈との思惑も、でも実際は、ニューフェイスのニューエッジ・ジャパン証券が、悪さしているような感じが。
 結果的に、振れた方向に走り、日中に利益確定をしなければ、取り残される感じの取引が続き、テクニカルなど過去の事例と、ダマシの連発に。
 ティツクで方向を確認し、幅取りをするデイ・トレード向きの相場かも知れませんが。
 一応、5日移動平均線は、上向きに転換したので、上昇トレンドになったかも?。また、明日設定される投資信託がハッタリで無い限り、14400円は抜けると期待ですが、逆に、抜けないと13700円台で、三尊天井を形成しますので、要注意。
(先物に振り回され、ロウソク足の形など、無意味かも知れませんが?)

イオン 三度目の1500円上抜きのトライ、移動平均線の形からは買えますが、RSI値の形からは疑問。
 今日、空売りが30万株、信用買いがゼロなどの信用の需給関係が、良好な点で、買われているのかも知れませんが、踏み上げ相場へは??また、PERも27倍と投信の蚊帳の外。

新日鐵 日経平均が400円も上がったが、影響を受けず、4円安と下落。
 鋼管の捏造データーと悪材も有りましたが、会長が業績に対し、市況の状況は予想より良いと上澄み発言もあり、良い材料も。
 MACDが陰転しているので、一旦は調整との流が強いですね。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:52%(前日比-8%)5月28日
新規買い指数** :41%(前日比-1%)
原油eワラントの活況続く。日経CALLの押し目買い多い。

 朝の外資系証券13社経由の注文状況は、売り2100万株、買い2670万株、差し引き570万株の買い越しと。

 債券から株式への資金シフトで押し目買い意欲は強そう by フィスコの村瀬氏

 日経平均は大幅上昇。415.03円高の14124.47円と終値ベースでは5/20以来の14100円を回復。
 28日のNY市場が原油相場が上昇するものの堅調な展開となり、シカゴ先物は大証比200円強の上昇、為替相場は1ドル104円台後半で推移していたことなどが好感され、前日の反動もあって幅広い銘柄が上昇して始まった。
 債券先物が下落していることもあり、債券先物売りに対して株式先物買いといった資金シフトの思惑も強まり、先物市場では大口買いなども。
 後場に入るとCTA(商品投資顧問)による資金流入などの見方が強まり、先物主導ではあるが一段と上げ幅を広げていた。
 ただ、後場寄り付き直後辺りから一気に14100円レベルを回復した後は、14100円を挟んだ膠着感の強い相場展開となっている。
 東証1部の騰落銘柄は値上がり1497に対して値下がり173、変わらず51と値上がり数が全体の9割近くを占めており、ほぼ全面高ではあるが、出来高は20億株に届かず、先物主導によるインデックス買いの影響が大きかったようである。

 日経平均は再び5日、25日線を突破してきており、月足ベースの一目均衡表の雲上限が位置する14350円レベルが意識されてきている。
 これを月内1日でクリアすることができると、6月は雲上限がサポートとして意識されてくる可能性もあるため、注目したいところではある。 
 ただ、これらも海外市場のほか、為替相場、債券先物市場の動き次第の面はある。外部要因次第では、あっさり上昇分を打ち消してしまう可能性があるが、債券市場から株式市場への資金シフトが断続的にみられており、押し目買い意欲は強そうである。
(村瀬氏でも日柄により強き・弱気が分かますね)
[PR]
by mytam | 2008-05-30 07:37
<< 5月終ってみれば ロウソク足は? >>