2005年 10月 31日 ( 1 )
鉄鋼株、決算発表後下落
新日鉄・神戸製鋼、中間決算発表、午前、好決算期待、発表後、見切売り多し。
新日鉄、 中間期経常利益、2944億円、通期経常利益は4950億円の予定
神戸製鋼、中間連結経常利益 854億円、通期経常利益は1650億円の予定
それぞれ、9月の予定発表より利益は、244億、100億と増額、下期は、生産量調整を行う点、原材料のインフレで利益率が減る点、業績予定が伸びていない。

新日鉄のコメント、在庫調整で下期は減産、来年1月には在庫調整は終わる、株価は、鉄鋼業の利益が循環的ではないと判れば、PERは市場平均並みの時期が来る。
今期連結1株利益は47円の予定、配当は、7円~9円(15%~20%)。
株価は現状維持、年明けに変化がある?程度、外人買いの株高は、期待薄。
(USスチールと対比で、業績の良い点は、日本の自動車関連と造船関連が好調な点)

ダイヤモンドリース、やはりノースウエスト航空の負債が、響いたみたい。
単独、中間利益は前年度比54.7%減38.84億円、06年3月110億円予定。
(中連結、前年度比44%増117.92億円、06年3月見通205億円)
株式四季報の予想より、中間期では、40億少ない。通期では、予想と同額ですが?
苦しい、でも株価は、5000円切は?、バックが好調な三菱ですから。

日立製作所は、通期の連結決算見通しを、営業利益で、3000億円から2400億円に下方修正。HDD事業、液晶事業、薄型テレビ事業の3事業が競争激化で、下期も浮上する見込みがないため。
対策として、HDD事業の生産能力増強・コスト削減、液晶事業の中小型製品への絞り込み、薄型テレビのブランド力向上。これでは、苦しい。

TDK、HDD用ヘッドで、現在は絶好調、今後は、HDD生産元の影響を受け、又、小形用HDD用は、フラッシュメモリーとの競争があり。(携帯音楽プレイヤー用は、フラッシュメモリーに変わり、携帯電話用には、伸び少ない)
今の株価は、ダイヤモンドリースに比べても高い。

オムロン、産業機器が伸び、好調なはずですが、連結決算が悪い。?
中間連結、利益が前年度比1.8%増167.28億円、06/3月見通し360億円
中間単体、利益が前年度比62.6%増248.63億円、06/3月見通し270億円
不可思議な、決算ですが、株は買いたい。

日産産自動車、北米市場の不安から下落、さらに、野村HDが、格付け情報を2から3へ格下げ。自主株、買取想定価格は、2000万株・230億円ですから、一株1150円の線。
株価は、1200円を割り?、塩漬け状態かな?

明日、注目の決算発表は、コマツ、アイフルと船井財産。
[PR]
by mytam | 2005-10-31 21:01