<   2005年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧
日銀、不動産融資監視。
ゼロ金利政策を続けに辺り、不動産バブルの再燃を懸念し15年ぶりに過剰融資抑制へと不動産融資の監視を強化。
不動産向け融資が7~9月期に前年比44%増加、これに対し日銀考査を通じて、金融機関に融資状況、融資先の財務内容をチェックする。
日銀考査対象は、不動産事業者向け融資、不動産投信・ファンド向けの投融資、ノンリコースローン。

ノンリコースローンとは、
ローン返済不能時、担保以外の資産に債権の取り立てが及ばない非遡及型融資。
アメリカで主流のローンで、融資先の不動産に対し精度の高い評価が必要で、一般のローンより金利は高い。

外資系金融機関が多く、モルガン・スタンレー、新生銀行、SBI、クレディセゾン、オリックス、住商リースなど。
耐震強度偽装事件で瑕疵義務のシノケンが、東京スター銀行と組み、賃貸マンション販売をアパート経営者に対し行っている。

リコースローンとは、
通常ローンで、融資対象の不動産を担保とし、さらに、追加担保や個人保証を付ける遡及型融資。

日銀考査後は、マンション・オフィスビルの賃貸・収益の見通しを分析・判断し、問題が有れば、融資資産高の圧縮、金利引き上げを求めるとしているが、その分析・判断の基準が示されて無い以上、日銀は、不動産融資に対し、融資事業の見直しと利上げの要求と思われる?。
[PR]
by mytam | 2005-12-31 11:54
新日鉄,黄金の三角形
日経、2006年の選択で、新日鉄社長三村氏が、答えたゴールドトライアングルは、設備投資、従業員へのボーナス、業績に応じた配当とし、これらが、いずれも増える、そして、これらは多くの製造業にあてはまると強気の予想。
しかし、株価上昇のコメントが無いのが、お役所企業、新日鉄の姿かもしれません。
 
設備投資戦略として賢い投資者は、電機メーカーが薄型パネルで重複を避け共同開発・投資をしているとし、新日鉄が、住友金属・神戸製鋼と株持合の意義を述べている。そして、海外投資比率が下がっている、それは、役割分担を考えた健全な兆候だとしている。海外は、普及品、国内は新商品、高機能品の生産として、中国の増産体制に対応する。
来年度の米国・中国の経済が大きく崩れる事はない、さらに原油が高騰することは無いとし、鉄鋼原材料の高騰も無いと想定している。
最後に賃金に関し、ベースアップかボーナスのアップのどちらかで対応とし、賃金改善の要求が社内の活力を生み出す良い内容なら喜んで検討するとしまとめた。

このコメントに対し、日経では、鉄鋼業は、各業界の需要動向に細かい目配りをしている、投資の先行きには相当の手ごたえを感じている、と推測している。

野村証券では、鉄鋼セクターの投資判断を”強気”から”中立”に格下げし、輸出価格の下落、国内価格の頭打ち、在庫評価益のはく落を考慮し、来年度は5期ぶりの減益に転じると予想して、三村氏の見解と割れている。

2006年の選択、グレン・ハバード氏のコメントで面白い点有り。
政策金利の切り上げは4.75%までは続き、その後は経済状況としている。
ドル急落に関しては、アジア・中東の余情資金はドルという安全資産に流れている、また、中国は投資環境が整っていないので、ドルの暴落は無いと語っている。
[PR]
by mytam | 2005-12-30 12:42
BEST、IPO株は?
日経に、証券アナリストが、評価したベスト新規公開株調査があり。05年10月末までの164社中で、

1位、クリエイト・レストランツ 
業務内容はレストラン及びフードコートの開発・運営、三菱商事系。
立地条件に応じ異なる業態で開発・運営するのが特徴で成長力を評価。
株価9250円。公開株価3500円。初値4500円。

2位、フィンテック グローバル
業務内容は、投資銀行業務及び信用補完業務。
不動産や債券の証券化事業で、新しい金融ビジネス
株価940000円。公開株価330000円。初値670000円。

3位、フィデック
業務内容は、流通業者らの決済事務・回収代行
ドン・キホーテ等からの売掛金債券買取で、金利上昇時に真価が問われる。
株価928000円。公開株価700000円。初値183000円。

4位、ディー・エヌ・エー
オークション及びショッピングサイトの運営
携帯電話でのビッターズオークションサイト、ソニー系、インデックス系、女性社長
株価350000円。公開株価220000円。初値682000円。

5位、一休
高級ホテル・旅館専門予約サイト等の運営
高級な宿泊予約に絞ったビジネスモデルがネット企業として評価。
株価1060000円。公開株価550000円。初値1060000円。

さすがに、証券アナリストが選んだ異色新興企業。
クリエイトは、今後も一等地でのマルチブランドでの飲食店は成功すると思う。
金融関係のフィンテック、フィデックは、事業規模が大きくなるとリース業者と激しいバトルになると考えれる。最終的には、体力勝負になり、何処かの系列化?。
ネット企業として評価大のDNA、一休は、異色企業としては面白いが、これも何処かの系列化?。ニッチとしては、生き残これると面白いのですが・・・・・。
[PR]
by mytam | 2005-12-29 23:43
社会保険庁のカード。
日経のトップニュースで、08年度にも公的年金カードを導入検討とあり。
そのカードにて、個人の年金加入記憶や受取額を把握できるようにする点と、ICチップ・顔写真を貼り付けることにより、身分証明書、クレジットカードとして使えるように調整をするとなっている。
目的として、公的年金への加入や保険料の支払いを促すため。また、来年度よりクレジットカードからの納付も可能となる予定。
しかし、銀行と提携し年金担保融資や年金受取者のクレジットカードなどは、問題が有る。今後の推移を見守りたい。

この件とセブン&アイ・ホールディングスが、西武百貨店・そごうを傘下にする件でカード・金融にも大きな相乗効果とあり、これに連動し信販・クレジットカード株が上昇。

UFJニコス、22円高の1497円で、連日高値更新です。バックが、三菱UFJ銀行で、信頼感が高い点。

イオンクレジットサービス、1000円高の11690円の7連騰。バックがイオンで、業界再編思惑で買われ、また、日興シティの格付けで目標株価を1万3000円とした点から。

オーエムシーカード、110円高の2755円。上場来高値更新です。ダイエー系で、これも
業界再編思惑で買われている。

クレディア、221円高の2165円。JCBと資本・業務提携を発表し、これにて上昇。
JCBが、伊藤忠ファイナンスから約23%の株を買い、個人事業主・中小企業向けの融資事業を始め、その保障と回収をクレディアが行う。

ポケットカード、250円高の3560円。4連騰で新値追い。第3四半期決算が好調な点から。三洋信販・伊藤忠系クレジット会社で、提携カードを発行している。

面白い記事として、
アコム、アイフル、プロミス、三洋信販などの消費者金融会社が、地銀・信金の名前を使かって個人向けローンを行い、リスク・回収は、消費者金融会社、ブランド・窓口は、地銀・信金。この融資残高が2600億円。米国でのトヨタの批判ポスター、羊の皮を被った狼、これがマッチングした内容です。
金利も銀行・信金ローンとしては、高いと思う?。
[PR]
by mytam | 2005-12-27 23:44
HDDヘッドのTDKは?
ハイテク企業TDK、収益柱はHDD用ヘッドやコンデンサーで、得意先の米国マクスター社が、HDD世界最大のシーゲート社に買収されることが決まり、ドル箱が一つ消える事態で、株価が下落した状況、ニューヨーク市場でのADRでは、7350円前後でしたので、今日の終値8030円は、持ち直した株価。
ここ2年の株価は、7000円~8000円の間でしたので、振り出しに戻った状況。

小型HDDは、PC以外に需要が増え、ソニーのロケフリのような商品が必ず出てきます。モーターでの消費電力の欠点はありますが、メモリー当たりの価格と大容量時のアクセススピードは、フラッシュメモリーに対して利点はある。
また、ネットオーディオプレーヤーや携帯電話は、フラッシュメモリーが今は強いが、これに高機能の画像系がプラスされれば、小型HDDの時代と思う。
さらに、TDKは次世代のDVDメディアの製造会社。ソニーからPS3が発表・販売されれば、次世代のDVDデッキの本格販売となり、証券会社の格付けも変わると思う?。PS3は、今春発売?でしたので、それに期待。

ニイウス、12月に発売予定の医療ソフト発売は来年早々に変更。営業キャッシュアウトフローは100億円に改善する見込みの2点で、UBS証券の格付けが、中立から買いに変更で、株価が10000円高の156000円。目標株価は、18万円としている。
売ってしまい早まったの一言。
しかし、UBS証券の格付け変更は意味不明。結果として、医療ソフト開発は遅れ、営業キャッシュアウトフローに関しては、金融エンジニアリング・グループを買収しているので、悪化しているはず。

ライブドア、株主総会で、一般株主からの2円配当実施要求に対し、堀江社長は”僕は、配当は欲しくないんですよ。2円配当だと僕は個人的に4億円ぐらいなります。総合課税で税金を40%取られるんですよ。税金を払うことはよいことでしょうが、今、その40%を国に持っていかれるのがよいことでしょうか。資金を内部留保して、今後も値上がりした方がよいと思います。と答弁し、今後の政界進出については”あえて私が出て行く必要は今のところない”と否定した。?
これは、波乱になりますね。(お笑い株主総会劇場ですね)
[PR]
by mytam | 2005-12-26 23:40
ボーダーライン、150万円。
護士法人アディーレ法律事務所が、ネットで調査した結果、多重債務者と多重債務者予備軍の境目が、150万円で、債務額は、300万円~500万円がもっとも多い。
債務額の平均は、1千万前後かと思っていましたが、現実は、少ない額。
自己破産者は、年間20~30万人もいて、普通に生活している人々が大半を占めている、免責不許可率が、0.08%。殆ど、申請すれば自己破産者が認められる。
また、潜在的な多重債務者が100万人とも200万人とも言われている。
(この事務所の債務処理費用は、283,500円)

耐震強度偽装事件で、建設工事の大半に関与した木村建設の木村社長も自己破産を申し立てる方針。
その理由は資金繰りの悪化と一応説明しているが、その経緯は、自社が建設したマンション・ホテルなどの耐震強度偽造からで、現在、検察の調査中。
木村建設の自己破産を認められれば、欠陥マンションを買ってしまった人たちへの踏み倒しに感じられ、裁判所の判断を見たい。

ヒューザー、偽造マンションの建築主。木村建設とのコンビが多く、耐震強度が基準値の5割未満で解体予定のマンションが国の救済対象。また、前記の木村建設とは逆に、欠陥マンション住民らが、資金の流出を抑え財産を保全し、損害補償に充てるため破産申し立てを検討。
ダイエー、西神オリエンタルホテルの売却予定は、白紙。

シノケン、偽造マンションでは、建築、設計、施工ともかかわっているが、実際は木村建設に設計・施工を委託、俗に言う丸投げという形で、マンション建築。
売り主としての瑕疵担保責任を行うため、転換社債を発行し資金調達を発表。
来年3月期は業績予想は赤字になることも発表。

日本ERI、偽造が確認されたマンションやホテルの7件の建築確認を審査、姉歯建築士の偽造を指摘を受けながら適切に対応しなかった。
現在は、信用失墜、また、裁判での補償問題がどうなるかです。
[PR]
by mytam | 2005-12-25 18:30
鳥インフルエンザ対策
中国に滞在してたとき、香港ー深センで、インフルエンザ対策での用紙を書いた記憶がありますが、年末年始の海外旅行ラッシュになり、海外渡航者にポスターで警告だけでは、国内にウイルスの進入・拡大を防ぐ事は難しい。
帰国時には書類の提出と思うが、予防接収を受けさせての渡航、色々な事情で難しいのは理解できるが、・・・・。

鳥インフルエンザで死者が出ている地域は、ベトナム、タイ、インドネシア、中国、カンボジアのなどのアジア5カ国で、患者は計139人、うち71人が死亡。
今年の12月中に死者が出たとこは、ベトナム、インドネシアで、ベトナムの方は、H5N1型ウイルスが耐性タミフルとなり、タミフルの投薬治療を行ったが、発症後8日~20日で死亡。

タミフルは、発症から48H以内に服用で効果があるとされ、各国で備蓄計画がある。
化学名は、リン酸オセルタミビルで、特徴は、ウイルスの増殖時のノイラミニダーゼ酵素を阻害する作用がある。
開発・製造は、スイスのロッシュ社で、各国の会社にパテント供用している。
日本では、ロッシュ社の子会社、中外製薬が販売、また、2000万人分の備蓄計画があるが、購入価格が、薬価の4割と安く集まらない状況。

キリンビール、米国子会社”ジェミニサイエンス”で、A型インフルエンザウイルスの予防効果がある完全ヒト抗体の作製に成功。
特許を出願中、今後はヒト抗体医薬品の開発予定で、現在は動物モデルで実験中のみ。

日清紡、複合繊維素材”ガイアコット”が、鳥インフルエンザウイルスを10分間接触すると99%以上破壊することを確認。

ダイワボウ、ドロマイト不織布で、H5N3型の鳥インフルエンザウイルスを1分間で99%以上減少させ、効果は30日間。
特徴として、ウイルスの表面構造を瞬間的に破壊し、感染力を失わせている、また、表面構造が共通しているので、H5N1型にも有効とされている。
商品化は、来年以降で、マスクや作業着などに使われる予定。

株価は、547円のストップ高。11月末までは250円~300円前後で、ウォームビズ関連で上昇、プラス、鳥インフルエンザ対策不織布でバブル、取り引き高を見ると12月から不自然な状況。
メディックの早見氏曰く、国連では新型インフルエンザで最大1億人の死者が出ると推定され、ダイワボウの不織布素材は、全人類を救うスーパースターとし、株価は、千円の大台乗せを目ざしていくと語ています。
しかし、鳥インフルエンザウイルス対策に関して、今後も色々な素材が発表され、そのたびに株価も変動すると思うが、厚生省の認可が降りた時点で売り買いを検討するべき。抗菌作用の金属は多くあり、その金属を混ぜ織布素材にする事は容易いため
[PR]
by mytam | 2005-12-24 22:10
日産、国内生産また減少。
11月の自動車実績発表、
 国内生産 国内販売 輸 出  海外生産
トヨタ 33.8万台 14.3万台 18.2万台 31.7万台  国内生産0.1%UP
ホンダ 11.0万台  5.7万台 3・8万台 18.7万台  国内生産4.8%UP
日産  11.2万台  5.7万台 5・6万台 18.3万台 国内生産0.1%DOWN
マツダ 8・3万台  1・9万台  5・8万台  2・9万台 国内生産5.3%UP
三菱自 6・3万台  2・1万台  3・0万台  5・9万台 国内生産18%UP
スズキ 10.0万台 5.9万台  2.5万台  9.2万台 国内生産4.6%UP

海外生産は、トヨタ、ホンダ、日産、スズキは、11月としては過去最高。
この頃、ルノー・日産の販売不振がEUでも目立っている。
(新型車投入期の狭間かな?、米国市場では、SUV車不振、中国市場では好調)
株価も不振で、1194円。PERは、10.5倍で、割安感はありますが、・・・・。

トヨタは、好調。米国との貿易摩擦回避のため、ミシガン州に自動車部品(動力・駆動系)工場設立検討へ。
来年中間選挙があり、GM,フォードの業績悪化による失業者問題の拡大を未然に防ぐため。
中国市場でも、トヨタ車好評で、米社のJ・D・パワーが中国市場調査を実施した結果、高級中型車部門でカムリ、低価格中型車部門でヴィオス、中型車部門でカローラが、クラス別評価報告で首位となった。

株価は、6000円を回復、来年度計画の見通しも明るが、日経に、懸念事項として、預金保険機構が保有している1億株の行方と有り。
来年2月まで、優先に買い戻す権利が新生銀行あり、その後は、10年以内に保険機構が処分。新生銀行が買い戻す計画なら、株価は下落方向の誘導?。
リップルウットの展開は?、転売では、上場来高値圏にあり、額が額で難しい。
保険機構の保有株は、公募株として公開した法がJRのように人気になると思う。
一時、市場で株価1万円の話がでたようですが・・・・。
[PR]
by mytam | 2005-12-23 23:23
楽天、引け際ストップ高。
サンタのプレゼント?前日終値より9800円高の107000円で、10万台復活。
IT企業の中で、楽天は、TBS買収資金のための増資を懸念しての株安で合ったのが見直され、また、ライブドア、ソフトバンクに比較しての割安感からの買いと信用売りの買戻しが重なってのストップ高。(年内10万円台からの下落は無いかも?)

三洋電機、これも一時ストップ高で、前日終値より54円高い337円。
昨日、第三者割当増資の実施を正式発表し、その祝儀相場。
3000億円の内訳は、三井住友銀行が500億円、米ゴールドマン・サックス投資銀行と大和証券SMBCに各1250億円の優先株を増資。
この手の優先株の怖さは、三菱自動車で実感しているので、迂闊には手を出せない。サンヨー、ソニーとは違いブランド力が無いので、G・S証券が、何処に幾らで転売するかが楽しみ。

ソニー、前日終値より230円高い、4630円。今日の日経で、サウジのアルワリード王子が、投資用に検討している会社の一つに上げられた事で急上昇。
(業績も好調で特にアメリカでのクリスマス商戦は成功。)
王子のコメントは、投資の条件は株価が低い事、マネジメントが確かで活力があり競争に勝ち抜ける企業とし、ソニーの株価が底値だと確信があればもう買っているが、今後の株価や業績の展望を真剣に調査している所。と語り、原油価格は、今後2~3年は高いとしている。

ハイテク企業のTDK,ストップ安1000円の8690円。1万円台、目の前にして下落。
米国のHDD企業シーゲートがマクスターの買収計画を発表。
これに伴いマクスター向けHDDヘッドの売り上げ減少が想定され、各証券会社の格付け情報が皆下げ方向へで売り指示。野村証券では50~150億円の営業減益を想定。
日経の記事、半導体・電子部品景気、企業の8割「来年も拡大」の裏目の事態。
ハイテク部品株、一夜で暴落、難しいです。(アルプス電機も同様)
[PR]
by mytam | 2005-12-22 22:08
中国、小型鉄高炉停止へ
中国、国家発展改革委員会が、過剰生産抑制と資源効率利用で、小型高炉の段階的生産停止の構造調整政策を公表。
小型高炉は、中国粗鋼生産の4分の1、計約1億トンの生産能力を持つ。
中国の急激な粗鋼生産拡大を受け、輸出価格が下落し、かつ、原材料の高騰を招いている状況、この公表が実行されれば、建設用鋼材などの価格が安定し、原材料の高騰に歯止めが立つ見込み。(鉄鋼関連株価の起爆剤として期待。)

三洋電機、井植敏代表取締役兼議長が、増資と引き換えで、来年2月の臨時株主総会で辞任する見通し、また、COEの野中ともよ会長も辞める可能性あり。
来年3月期の連結純損失が約2330億円の見込みで、優先株の増資により株主資本比率を上げ、財務を立て直す計画で、増資額は、約3000億円。
来年3月末までに三井住友銀行が約500億円、残りを大和証券SMBCと米国ゴールドマン・サックス投資銀行が引き受ける見込み。
G・S投資銀行は、リチウムイオン電池の将来性を見込んでの投資だと思う。

米国のGM、トヨタ自動車の来年度生産計画発表で、18年ぶりの安値まで下落。
シートベルトの件で、42万台のリコール、系列化のデルファイの再建問題と重なっての下落ですが、熟練工の賃金上昇が次の問題になりそう。

トヨタ、ホンダ、為替でドルレートが、117円を超し、共に株価100円高以上。
それぞれ、6000円、7000円台を今年度中に、再度越せるか?

ソフトバンク、前日終値より1000円高の12790円。来年1月4日の1対3の株式分割もあり、今バブル状況ですね。将来性はありますが、1株あたり利益が少ないのが、気掛かり。

楽天、ライブドアも高い、米国のグーグルに連動しているような感じですね。
共に、検索はグーグルを使っていますが・・・・。
[PR]
by mytam | 2005-12-21 21:52