人気ブログランキング |
オリックス、97%の増益
阪神電鉄、TBS株、買占めで話題の村上ファンド(MACアセットの45%出資)の金主、オリックスが、中間決算発表、営業収益は、前年度比6%増の4429億円、営業利益は、前年度比106%増の1157億円、純利益は前年度比97%増の839億円。
増益は、不動産販売原価、貸倒引当金繰入額、長期性資産評価損、有価証券評価損が減少した結果。
平たく言えば、株高、不動産高で、含み益が出た点と、貸し倒れの減少などで、営業経費が減ったため。
通期の予定は、、営業収益は、前年度比3%減8900億円、純利益は、前年度比53%増1400億円。減収増益予定。
株価は、4日のストップ高25340円から続落、23450円。(プロ野球オーナー会議の悪影響?)
オリックスの宮内オーナーと読売新聞の渡辺元オーナー(今も?)、の高みの見物、バトルも面白いですが、阪神、楽天(横浜)の各オーナーは、切羽詰まって、今後の展開に目を離せません、良いストーブリーグになりそう。恩恵は、阪神球場の改築。

旭化成の中間決算では、増収減益で、通期では、増収増益の予定。
減収の理由として、原油高によるナフサの高騰でのコストアップにより。
通期では、ケミカル部門とホーム部門が、好調なため増収増益。
好調と期待していましたが、・・・

住友電工、中間決算は、売り上げが前年比13.7%増の9232億円、純利益が前年比172%増の250億円。
通期予定は、売り上げが11%増の19200億円、純利益が42%増の520億円。絶好調。

明日注目中間決算は、ローム、東エレク、住友金属。

今日の鉄鋼株売買高、住友金属5.3億株、新日鉄3.9億株それぞれ、39円高の460円、24円高の448円上昇。株価が逆転。明日決算発表が楽しみ。
信用買い残が、住友金属2.4億株、新日鉄 2.2億株と多い点が問題。
by mytam | 2005-11-08 22:05
<< 楽天、経常利益2.8倍 富士重工、トヨタへの当てこすり? >>