人気ブログランキング |
米国産牛肉輸入再開決定
BSEの発生で輸入禁止となっている米国・カナダ産牛肉について、12日、輸入再開を正式決定。
禁輸以前は、米国からは約4割の輸入シェア。トップは、オーストラリア。
禁輸解除の対象は、生後20カ月以下で、脳などの特定危険部位を除去した牛の肉に限定。月齢条件などがあり供給量が限られるので、牛丼に使われるばら肉、牛タンなどは、品不足が続き価格高騰になり、今後は、輸入条件を生後30カ月未満の牛とすかが、焦点。(現在、日本の輸入牛肉市場の約9割は、オーストラリア産)

これを受けて、ゼンショーの子会社、すき家は、米国産牛肉を牛丼に”使いたいが使えない”とコメント。さらに、残念ながら日本の消費者に安心して提供できる段階ではないとし、使用を見送る見解を発表。
親会社、ゼンショーは、米国の現地調査を踏まえ
1、危険部位の完全除去が日本の基準から見て不十分
2、飼料規制も不十分
3、全頭検査をしなければリスクを取り除けない
と批判し、オーストラリア産輸入肉の安全性をアピール。
株価は、150円高の2700円。牛丼再開の吉野家との競争が激しくなり株価は下落と思われたが、米国産牛肉の輸入再開で牛肉の価格が下がること期待の株価上昇。
しかし、農林省は畜産農家保護のために、来年度から牛肉輸入制限の発動を厳格に行うとしている。

吉野家の株価は、3000円高の238000円。一部で年内から牛丼復活の話有り。
早期再開を期待。

松屋フーズ、20円高の2400円。この株は、変動が少ない。

あみやき亭、14000円高の416000円。焼肉屋で、中部地方の優良店です。客の入りは多く、価格帯は中。ここは、国産牛で、人気があると思ったのですが・・・・。

みずほFG 、三菱自動車ともに株価上昇。
みずほFG、株価は、29000円高の937000円。モルガン・スタンレー証券が格付け情報を上げ、目標株価を130万円に設定。また、ジェイコム株誤発注問題で、東証の過失もクローズアップされ、みずほ証券の損失の拡大懸念が減少したため。(東証がみずほ証券が受けた損失の一部を負担する見込み)
三菱自動車、2円高の260円。三菱重工業、三菱商事、東京三菱銀行が、優先株を普通株に転換し、発行済普通株数は、4億8611万株増えて、54億336万株。三菱グループ3社の保有比率は34%になった。株価は、下落基調だと思われるが?今日は、上昇。
by mytam | 2005-12-12 21:46
<< 誤発注の件で、美しくないと ガンホー、底打ち? >>