人気ブログランキング |
トヨタ、来度生産計画発表
世界生産が、グループ企業(ダィハツ、日野)を含めて906万台の生産計画。
世界一の生産台数は、米国のGMであったが、原油高により大型SUV車の不振により、来年度は、今年の生産台数908万台を下回る事が確実。
(GMの方針は、販売シェアより利益重視に変更。)
この生産計画どおりに販売できたならば、生産台数世界一はトヨタになる?。

トヨタブランドでの販売台数は、全世界で885万台を計画。
内訳は、国内で、今年度より4%増の247万台、海外では、今年度より12%増の638万台を予定。(北米市場では10%増の246万台を計画で、国内と殆ど同数)
国内生産は8%増の411万台を計画し、輸出が大幅に増える予定。

海外生産も400万台の生産を予定しているが、海外販売の伸びに生産設備・人員などの問題が有り生産が追い付いてない。その為、通商摩擦の懸念を持ちながら輸出を大幅に増やす予定。
この件に対しトヨタの渡辺社長は、”需要があるのに生産できていない地域があるため一時的に輸出が増えるが、今後も現地生産化を進めて対応する”と述べている。

ホンダ、05年の自動車世界販売台数が前年比5%増の335万台の見通しで、06年の米国販売は約4%増の151万台、中国は約35%増の35万台を予定。
なお国内の05年度販売台数は、3%減の72万台の見通し。
主力市場の米国では、小型車の販売に力を入れ、シビック、フィットなどを投入し、販売増を図る計画。

日立製作所、高画質プラズマに本腰を入れること発表。
松下電器のプラズマテレビの攻勢で年3割の価格下落がおき、薄型テレビ事業は赤字。(液晶TVは、シャープ、ソニーが強く、特に米国ではソニーが圧倒的に強い)
07年春までには、ハイビジョン対応の42型高画質プラズマテレビを発売し、新製品の投入回数を年1回から2回に増やす予定。
また、08年までにプラズマパネル工場を850億円を投じ増設。
(日立・松下の液晶TVはどうなったのかな??店頭にはありますが・・・)

乾燥機付き洗濯機”白い約束”配線に洗剤がかり、腐食・断線・発火する可能性があるので無料で点検・修理を行うと発表。対応台数は、23万8872台で、同洗濯機が原因と見られるぼやが、今年3月から5件発生。

トヨタ・ホンダ、米国の販売状況と為替で株価は動きますが、家電販売大手のヤマダ電機と比べ割安と思う。
by mytam | 2005-12-20 22:12
<< 中国、小型鉄高炉停止へ ソフトバンク、動画配信へ >>