人気ブログランキング |
円急騰、一時117円62銭。
円・ドル為替、急激に変化、朝の時点では、円安ドル高が進み、一時119円台に乗せ、国内輸出企業によるドル売り円買いにより、118.9円であったが、ロンドン外国為替市場の円相場は大幅続伸して、一時、117.63円。
その理由は、119円台に乗せたため、達成感から急速に円の買い戻しが進んだと言われている。
今度の、バーナンキFRB議長の手腕を見るため、ヘッチファンドが、為替を弄ってるように見えるのですが、
日銀は、日銀当座預金残高が30兆~35兆円程度となるよう金融調節を行うとして、現量的金融緩和政策の維持を9日に発表する予定ですが、1ドル・120円台の復活は無理かな??

トヨタ、05年10-12月期連結決算は、営業利益が前年比14%増の4882億円、当期純利益は34%増の3975億円で、円安による為替差益、販売台数増加や原価低減で利益を押し上げた。
利益水準は、アナリストの事前予想と違いが無く、株価は重い動きで、変動が無い。
投資信託も買っているはずなんですが、株価、上がりません??。

オリックス、05年10-12月期連結決算は、最終利益は前年比86%増1260億円。
法人向け貸付、不動産関連ノンリコース・ローンなどで収益向上した結果。
通期業績予想は、最終利益を1550億円とした、また、期末配当も50円増配して90円とした。(村上ファンドの運営利率を発表して欲しい)
株価は、大きく上昇し、1100円高の31300円。

東レ、05年10-12月期連結決算は、営業利益は前年比30%増の190億円、経常利益は前年比27%増加の173億円。通期の収益見通しは据え置き。
航空機向けの炭素繊維、プラズマ用光学フィルムなどが伸びているはずですが、思ったより伸びていない。因みに、セグメント別営業利益は、液晶材料等が8%増の67億円、航空機向けの炭素繊維材料が2.2倍増の28億円です。
薄型テレビの販売好調で、東レと松下電産の合弁会社松下プラズマディスプレイは、1800億円以上の強気な投資計画。東レ自体も、これに合わせ感光性ペースト材料設備の増設を行い、年産960トンから2160トンに増強を計画している。
投資の割には、利益が少ないような感じを受ける。

ソフトバンク、強いです、将来性がありますから、買うと思うけども、バブル?。

日経225先物大きな動きは無く、野村、売り買いなし。
明日の注目は、ソフトバンクと決算発表のヤマハ、クレディセゾン、三菱レイヨン。
by mytam | 2006-02-07 22:01
<< 日経平均、448円の急落。 国内販売、トヨタ一人勝ち >>