人気ブログランキング |
インフレ懸念で利上げ続行?
米国FRBは、フェデラル・ファンド金利の誘導目標を0.25%引き上げ、年4.75%とすることを決め即日実施。
問題の文言は、「持続的成長と物価安定を達成するため、引き締めがさらに必要になるかもしれない」とし、利上げの継続を示唆。
市場では、今回のFOMC声明で利上げ休止が間近に迫ったことをにじませる文言になると想定し、NY市場の株高になっていたが、インフレを封じをアピールしたため、株のほぼ全面安となり、為替では、ドル高・円安にと動いた。
上昇した株は、資源株とグーグルなどネット関連株。

朝は、厳しい状態になると思い憂鬱でしたが、終わって見れば、日経平均248円高の16938円。SQまでに17200円が、期待できそうな感じ。

市場関係者のコメントとして、
実質新年度入りでディーラーや機関投資家も動き、また、配当や分割を嫌っていた向きの押し目買いが入り前場上昇、更に、昼、大きな先物買いが入り、機関投資家や投資信託の買いを期待し一気に昨年来高値更新としている。

ソフトバンク、米国グーグルに連動し上昇と思いきや、日興シティグループ証券の目標株価は3800円設定で、上昇。
コメントは、足元業績は好調で07年3月期の連結営業利益は今期比2倍強との見通し、向こう3年間の連結営業利益の成長率は年47%と予想。ただ、1株当たり企業価値は6100円~1100円に変動しうるとし、ハイリスク・ハイリターンの投資属性としている。
身内(SBI,G・S,ドイツ、みずほ)以外のコメントで信用できると思ったが、ヤフー証券窓口は、日興コーディアル証券。完全な身内関係の出来合い関係。

ヤフーが、5000円UPのストップ高、日経の記事、前から指摘されていたジャパンネット銀行との資本・業務提携話と株式分割の下落反動から。

株式分割すると、信用買い株式の新株が入札により価格が決まるので、株価は、下落。今日その反動で、ストップ高になった株は、一休、がんこ炎、ケーユー、 ナノ・メディアなどあり。(これは次回、注目)

このことを、株式新聞ニュースでは、新興市場の株式分割銘柄が軟調とし、下がり率上位にはバルク 、フリード、インタートレード、テリロジーなど分割銘柄がずらりとし、中期的には押し目買いの好機と纏めている。

新日鐵、日経の記事で予想経常利益の実力は4400億円と早くも弱音なコメント、さらに、買収共同防衛策案で、軟調。経営方針が違っていますよね、企業価値を高め、株価を上げ、買収資金を増大にさせ、未然に防ぐのが本筋。株は、売りですよね。
by mytam | 2006-03-29 22:08
<< 日経平均17000円超え フラッシュメモリー続落。 >>