人気ブログランキング |
米国自動車、GM株8%↑。
NY市場の株価、6年ぶりの高値。その主因は、不振企業の代名詞となってしまった米国最大企業GM、その株価上昇と主要決算の好感して、71.24ドル高の11354.49ドルとなった。
GMの株価、8%の上昇理由は、単に、証券大手メリルリンチが投資評価が、リストラ策が適切な方向にあるとして、売り~中立に引き上げたため。
(GM株明日、反動の売りがあるよな感じ)

このNY市場の流れに乗り、今日の日経平均は、58円高の1万7114円。ロウソク足は上下に短いヒゲを持つ十字線、売り・買い拮抗の分岐点。
明日の株価により、↑・↓の方向性がでる。(陰線大幅下落なら、下げ三方)
この好決算の地合を続ければ、日経平均の上昇の可能性が強いと思う。

eーワラント債のプット・コールレシオ*:22%(前日比+1%)
セイコーエプソン , KDDI↑、SBIはプットが↑

フィスコ 村瀬氏は、
5日、25日線レベルの狭いレンジ内での相場展開となっており。GWを控えている
ことも積極的に上値を追いづらい状況としている。
決算の内容が評価された銘柄への個別物色と信用需給を手掛りにした材料株物色が目立っているとしている。ホンダの↑で、一時は日経平均を30円以上押し上げた。

野村・HD 好調な証券決算受け、5日移動平均線(2575円)を回復、本日の高値付近にある25日移動平均(2626円)を抜け、4/10に付けた年初来高値(2770円)に向かう動きを想定する。
また、5月から子会社のネット専業のジョインベスト証券が始動する。

三菱UFJ証券 2006年3月期連結決算、利益611.88億円、前年比3.3倍の公表で、
株価躍進、88円高の1825円。
信用倍率も1.76倍と少なく、野村の格付け情報は”1”継続。狙い目。

イー・トレード証券 3月期連結決算は、純利益が前年比174%増の169億円と過去最高。1─3月期はライブドア事件の影響で個人投資家の売買がやや鈍化、しかし、着実に顧客基盤を拡大させ、今年3月末時点で口座数は約116万口座となり前年比で倍増。個人株式委託売買代金のシェアは23.1%となっている。
株式委託手数料は、業界最低水準を維持し、動向によっては、さらなる手数料引き下げを行うとしている。(私は、この価格破壊は歓迎)

SBI 06年3月期単体決算、当期利益111.15億円、前年比76.5%増
信用倍率は、6.92倍。この頃、株価の変動が激しいが、今日の変動は少ない。
今、ノンバンクは、金融庁から叩かれてので、株の取り扱いは難しい。

SBIの中尾専務のラッパは、 好業績で平均株価2万円超えへとし
株価は円高・自民敗北などで一時的に大きく下げたが、今週から決算発表が目白押しで、押し目買い好機。東証1部の騰落レシオは5月11日前後が70%台の割安圏に入る可能性があり、連休明け後の自律反発が期待される。

ネット関連株の下落率が大きい。この中心のソフトバンク、ヤフーが底入れも近いとしている。
その他の注目銘柄は。古河電工、松下電産、ソニー、エルピーダ、日立建機、JSR、大同特鋼、三井造、日産自動車、三井物産、URBAN、JR東日本、みずほとしている。(前回のインデックスが無い)

◎ サイバーエージェント   238000円  -3000円   MACD↑ RSI 30%
◎ E・トレード証券      215000円  5000円   MACD↑ RSI 40%
○ クレディア          1552円   28円   MACD↑ RSI 25%
◎ アーバンコーポレイション  1687円   34円   MACD↑ RSI 40%
◎ フジクラ            1354円   48円   MACD↑ RSI 40%
◎ SBI             57100円  200円  MACD↑ RSI 32%
○ ソフトバンク          2930円  -30円  MACD→ RSI 30%
○ 東芝              730円    17円  MACD↑ RSI 50%

注目の、トヨタ、ホンダ↑、インデックス、東レが↓

明日も、トヨタ、KDDI、インデックス、東レと日経平均に注目。チャート図
by mytam | 2006-04-27 22:16
<< 中国人民銀行、利上げ。 日経平均17000円復活。 >>