人気ブログランキング |
期待のFOMC、どうなるか?
昨晩のNYダウは、-21ドルとFOMCの発表を期待し、下げ渋っり、その連鎖で、日経平均は310円もの大幅上昇となった。
しかし、英国系石油メジャーのBPが、パイプラインが、腐食のためアラスカ石油を減産するとの発表で、NY原油、77ドル台となり、インフレそのものになっている。
常識的に考えて、インフレ懸念を考えれば、利上げか、一時見合わせて、停止発言は無いと思う。

ロウソク足は、両ヒゲの陽線で、先高感が強い形。

eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:66%(前日比+7%)8月7日
新規買い指数** :24%(前日比+0%)
前場は日経プット、金リンク債コール取引目立つ。後場以降、日経平均コールの買い多い。(そろそろ、トレンドも変わって欲しい)

フィスコの黒岩氏は、引けにかけて上昇幅拡大、再び先高観強まる
日経平均は、25日移動平均線(15194.91円)、5日移動平均線(15410.51円)を回復し、先高観の強い形。いよいよ上方の窓(15584.62円-15617.81円)を埋める可能性が高まっており、場合によってはさらに上方の窓(15789.31円-15814.83円)に到達する展開も。
(FOMCの発表を盛り上げますね)

外資系証券の注文状況は、売り3620万株、買い1790万株、1830万株の売り越し。

前場寄り付き前の注文で、主な買越銘柄はニッシン15万株、NTTドコモ2140株、ヤフー770株、NTTとみずほFGが590株、りそなHDが260株。
一方、売り越しが目立ったのはアルプス12万株、SBI3800株、インボイス3540株、ソフトブレン1950株、ドワンゴ1280株など

後場寄り付き前の大口注文で、主な買越銘柄は住金22万株、ヤフー1550株、りそなHD210株。
一方、売り越しではニッシン14万株、ソフトブレン6860株、SBI240株、NTTドコモとインボイスがともに180株。

ソフトバンク 07年3月期の通期業績見通しについて、営業黒字を確保するとの方針を示し、携帯電話事業で新たな先行投資が発生するものの、営業赤字にならない規模に抑制すると発表。
ボーダフォン買収の借入金は7年で返済予定。
06年4─6月期の営業損益は、543億円の黒字。4月末に買収完了したボーダフォンが新たに連結に加わったほか、固定通信事業などが黒字転換したことが寄与。
(1/4Q決算から見ると、問題は無いとおもうが、番号ポータビリティ制度で、携帯事業がどうなるかですね)

トヨタ自動車 160円高の6190円。4日に発表した07年3月期の第1四半期(4-6月期)連結決算が大幅増益だったことを好感した外国人投資家からの買い注文が増えている。
「ガソリン価格の高騰が続く限り、北米市場でのトヨタ車の販売好調も続く」と指摘され、買われている。

新日鉄 出来高第1位。信用買い残減少による需給の改善が注目、ミタル・スチールのアルセロール買収以降、M&A関連株として市場参加者の関心を引きつけており、折に触れ実需の買いが観測。
(石油価格上昇で、恩恵を受けている感じ、パイブラインの腐食など)

ドワンゴ ST安。06年9月期第3四半期累計決算(05年10月-06年6月)で、連結経常利益が前年同期比75.4%減の7.6億円に落ち込み、通期の経常損益を従来予想の18.0億円の黒字→2.0億円の赤字に下方修正。
総合ポータルサイトの事業化が来期初旬以降にずれ込むことが主な理由。
JPモルガン証券が投資判断を中立→弱気へ、目標株価を25万1000円→10万円に引き下げ、今回のビジネスモデルの転換は容易ではないと指摘している。
by mytam | 2006-08-08 21:36
<< リリーフ高?? 5月の暴落の再来か? >>