今週の見通しは?
日経新聞もSQ後の切り返しで、強気なのか?、景気回復にらみ底堅く、日経平均が、16500円台を回復出来るかが焦点としている。

11日に、4-6月期のGDP改定値と7月の機械受注統計が発表され、
GDPは、年率換算で1%の上方修正 → 銀行・不動産、脱デフレの恩恵銘柄買い
機械受注は6月の反動で減少、予想以上ならば → 電機・自動車などの銘柄の売り

リテラ・クレア証券の井原氏は、
個人投資家は、8月期に一兆円以上の売り越しで、今後も慎重な姿勢が強い、好業績銘柄が個別に物色される程度。日経平均は、15600円~16300円前後で推移。

先週の主な格付け情報。
[ドイツ証券]
9-4 据置き    A <5384> フジミインコーポ        3,200円
9-5 据置き    A <9983> ファーストリテ    12,000→ 13,000円
9-8 据置き    A <2756> ライフォート        1,500円

[メリルリンチ証券]
9-4 据置き    A <4238> ミライアル          14,000円
9-4 据置き    A <5384> フジミインコーポ       4,000円
9-4 据置き    A <6707> サンケン電気          2,100円
9-4 据置き    A <6806> ヒロセ電機           17,000円
9-4 新 規    A <8185> チヨダ           3,400円
9-5 新 規    A <3050> DCMジャパン         1,650円
9-6 据置き    A <1928> 積水ハウス     1,900→ 2,100円
9-6 据置き    A <5384> フジミインコ      4,000円
9-6 据置き    A <9364> 上組          1,250円
9-7 据置き    A <4817> JCOM     106,000→122,000円
9-7 据置き    A <6807> 日本航空電子        2,000円
9-8 据置き    A <1878> 大東建託
9-8 据置き    A <4755> 楽天             85,000円
9-8 据置き    A <6966> 三井ハイテック

[G・S証券]
9-6 据置き    A <8830> 住友不動産     3,806→ 4,122円
9-7 据置き    C <6361> 荏原               380円

[C・S証券]
9-4 据置き    A <7453> 良品計画     12,000→ 10,800円
9-6 据置き    A <9945> プレナス      4,900→ 4,100円
9-6 新 規    C <4689> ヤフー         39,000円
9-6 引下げ  B→C <9984> ソフトバンク  2,620→ 1,340円
9-7 引上げ  B→A <7269> スズキ       1,900→ 3,500円
9-8 据置き    A <5741> 古河スカ

[JP・M証券]
9-7 引上げ  C→B <4555> 沢井製薬          5,400円

[UBS証券]
9-4 据置き    A <2327> NSSOL       3,700→ 3,800円
9-5 新 規    A <3050> DCMジャパン       1,700円
9-5 据置き    A <4307> NRI      18,000→ 19,000円
9-7 据置き    A <6305> 日立建機         3,300円
9-8 据置き    A <5411> JFEHD      5,300円

[M・S証券]
9-4 据置き    C <4974> タカラバイオ        20万円
9-6 据置き    A <4063> 信越化学工業    7,290→ 7,600円
9-6 引下げ  A→B <4185> JSR      3,250→ 2,920円
9-6 新 規    C <3865> 北越製紙          556円
9-8 据置き    B <7269> スズキ       2,700→ 2,850円

[三菱UFJ証券]
9-6 引下げ  2→3 <3893> 日本製紙
9-7 据置き    1 <2593> 伊藤園       4,750→ 4,900円
9-8 据置き    1 <1951> 協エクシオ 
9-8 新 規    1 <5563> 日本電工           940円
9-8 据置き    3 <4569> キョーリン

[みずほ]
9-4 格上げ 3→1 <6665> エルピーダメモリ       7,500円
9-5 引上げ 3→2 <6804> ホシデン           1,400円
9-5 引下げ 3→4 <6407> CKD

[大和総研]
9-4 新 規    1 <3774> IIJ          514,400円
9-4 据置き    1 <4205> 日本ゼオン        2,000円
9-5 引下げ  2→3 <6753> シャープ
9-5 引下げ  2→3 <6988> 日東電工
9-5 引下げ  2→4 <2326> デジタルアーツ      112,000円

[野村證券]
9-5 据置き    2 <9983> ファーストリテ 
9-5 新 規    3 <3050> DCMジャパン
9-5 据置き    4 <2284> 伊藤ハム
9-6 引下げ  4→3 <2284> 伊藤ハム
9-6 据置き    1 <6301> コマツ
9-7 据置き    2 <7751> キヤノン
9-7 据置き    2 <9983> ファーストリテ
9-7 据置き    3 <6758> ソニー
9-7 据置き    3 <6914> オプテックス

メリルリンチ証券、機関投資家向けの巨大株式セミナーが有ったためか、多い。
LaQoo+では

△ ミライアル<4238> 230円高の11880円。シリコンウエハ容器メーカー。
短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや下降傾向で推移。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。
         
△ フジミインコーポ<5384> 50円安の3150円 精密研磨で世界シェア9割 
短期的に株価に不安定な動きが予想。この銘柄を買っている場合は、売りを検討する時期。一方、中長期的には株価はやや上昇傾向で推移。この銘柄を買っている場合は、中長期的にはこのまま保有。ただし、突発的な値動きの大きな変化に注意。      
△ サンケン電気<6707> 29円高の1509円 パワーICなど電源関連半導体メーカー
短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや下降傾向で推移。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。
        
△ ヒロセ電機<6806> 160円高の15430円 産業用コネクターの専業大手
短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや下降傾向。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。
          
○ チヨダ<8185> 10円安の2740円 紳士・婦人・運動靴の量販店1位。
抵抗線を越えており、短期的に株価が上昇。短期的な取引では、買い。中長期的には株価に不安定な動きが予想。この銘柄を買っている場合は、中長期的には売りを検討する時期。直近でも株価の不安定な動きには注意。
         
○ DCMジャパン<3050> 85円高の1537円 小売業??
抵抗線を越えており、短期的に株価が上昇。短期的な取引では、買いに適している。中長期的に大きな値動きはない。中長期的な取引については、しばらく様子見。
       
△ 積水ハウス<1928> 19円安の1762円。 鉄骨主力で木造も強化中で、住宅首位
短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価は下降。中長期的な売り建てに適している。
   
△ 上組<9364> 4円高の906円 港湾総合運送で業界トップ級
短期的にも中長期的にも、あまり大きな値動きはないでしょう。取引については、短期も中長期もしばらく様子見。
        
○ JCOM<4817> 3100円高の90200円 日本最大のケーブルテレビ局統括運営会社
抵抗線を越えており、短期的に株価が上昇。短期的な取引では、買い。中長期的には株価に不安定な動きが予想。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的には買戻しを検討する時期。   

○ 日本航空電子<6807> 3円高の1663円 NEC系コネクターメーカー
短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや上昇傾向。この銘柄を買っている場合は、短期的にはこのまま保有。中長期的にはあまり大きな値動きはない。中長期的な取引については、しばらく様子見。

× 大東建託<1878> 10円高の5970円 建物賃貸事業
短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや下降傾向。この銘柄を売り建てしている場合は、短期的にはこのまま保有。中長期的にも株価はやや下降傾向で推移しそうです。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。ただし、突発的な値動きの大きな変化に注意。

○ 楽天<4755> 600円高の54500円 IT関連で、金融や旅行など総合サービス。
短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや上昇傾向で推移。この銘柄を買っている場合は、中長期的にはこのまま保有。

○ 三井ハイテック<6966> 24円高の1424円 ICリードフレーム最大手
抵抗線を越えており、短期的に株価が上昇。短期的な取引では、買い。中長期的にはあまり大きな値動きはない。中長期的な取引については、しばらく様子見。
[PR]
by mytam | 2006-09-10 14:51
<< 日経平均、25日線割れ。 一夜明け、皆、強気へ? >>