人気ブログランキング |
今週の見通しは?
北朝鮮の核実験問題が、前向きの方向で纏まりかけ、再度の核実験を現時点で、実施する計画はないと金正日総書記は、中国の唐家国務委員に述べたと言う事で、地政学的リスクは縮小。
 この流れで、株式の方は強気なコメントが多く。
 
 M・S証券の神山氏は、 好業績で買い安心感とし
輸出企業を中心に好決算が相次ぎ下値を切り上げる展開になりそう。
利益水準の高さが買いの安心感につながり、日経平均は1万7000円をうかがう可能性も。
 米国の株式相場は、先週に続き最高値を試す展開とし、問題が有るなら、27日発表されるGDPの速報値が、市場予想より上回れば、金融引き締め懸念が生じ点。
(相場は、少数判断に流れるので、皆強気は、注意が必要。)
 
 為替の方は、金利上昇が円の下さえになり前半は、円高傾向だが、後半は、FOMCの声明と26日発表の米国住宅販売の戸数により変動とのこと。
日銀のタカ派的発言の根拠である、CPIも今週に発表される、これにより、円高・ドル安に動く可能性もあるとしている。
 カリヨン銀行の政井氏は
週前半は、ドルの買い持ち高を減らす動きが続き円高に振れそうだ。
ただ、積極的に円を買い進める材料はなく、27日発表の米国GDPに向けて、ドルが上昇しやすくなる。
(テクニカル的には、120円を越すとの声が多いが、ファンダメンタルからは、117円~119円としている)

先週のレ-ティング(10月16日~20日)
[ドイツ証券]
10-16 据置き   A <3404> 三菱レイヨン        1,300円
10-17 引下げ A→B <7201> 日産自動車         1,400円

[M・S証券]
10-16 引上げ B→A <6975> NEOMAX        2,450円
10-17 据置き   C <6773> パイオニア     1,600→ 1,450円
10-19 据置き   A <6857> アドバンテスト   8,000→ 7,700円


[メリルリンチ証券]
10-17 据置き   A <5938> 住生活グループ   3,000→ 3,200円
10-17 引下げ A→B <9613> NTTデータ
10-18 引下げ 1→2 <8113> ユニ・チャーム       7,000円

[G・S証券]
10-16 据置き   A <7453> 良品計画           11,400円
10-17 新 規    A <6269> 三井海洋開発        3,400円
10-17 新 規    A <7003> 三井造船           490円
10-17 新 規    A <7013> 石川島播磨          400円
10-19 据置き    A <1605> 国際石油開発帝石
10-19 据置き    C <6724> セイコーエプソン
10-20 新 規   A <8545> 関西アーバン銀行       650円
10-20 据置き    A <8802> 三菱地所      2,887→ 3,113円
10-20 引下げ A→B <8599> UFJセントラルリース
10-20 据置き   B <6758> ソニー

[JP・M証券]
10-17 引上げ B→A <4739> ICTS      6,000→ 7,000円

[C・S証券]
10-18 据置き   A <9021> JR西日本      54万→ 56万円
10-19 据置き   C <9984> ソフトバンク        1,340円

[UBS証券]
10-16 据置き   A <2779> 三越            640円
10-16 据置き   A <6278> ユニオンツール   9,000→ 7,000円
10-16 据置き   A <6326> クボタ            1,300円
10-16 新 規   A <9783> ベネッセコーポレーション   5,300円
10-17 新 規   A <9037> ハマキョウレックス      4,500円
10-18 引下げ 1→2 <8114> デサント           600円
10-18 据置き   1 <6436> アマノ          2,000円
10-18 新 規   1 <6505> 東洋電機製造          700円
10-18 新 規   1 <7122> 近畿車輛            700円
10-19 据置き   A <6581> 日立工機           1,900円
10-20 新 規   A <5741> 古河スカイ         800円
10-20 据置き   C <4842> USEN           800円

[三菱UFJ証券]
10-16 据置き    1 <6505> 東洋電機製造     910→ 880円
10-16 引下げ  1→3 <3387> クリエイト・レストランツ
10-18 据置き    1 <5482> 愛知製鋼
10-18 引上げ  2→1 <7618> PCデポ
10-18 据置き    1 <8203> MrMax
10-18 引上げ  3→2 <3605> サンエー・インター     4,000円
10-19 据置き    1 <4966> 上村工業      9,000→ 12,000円
10-19 据置き    1 <9945> プレナス          4,000円
10-20 引下げ  2→3 <5942> 日本フィルコン

[みずほ証券]
10-17 据置き    2 <4151> 協和発酵
10-18 引下げ  2→3 <6644> 大崎電気工

[大和総研]
10-20 引上げ  2→1 <4739> CTC           7,820円

[野村證券]
10-16 据置き    2 <4523> エーザイ
10-16 据置き    2 <7272> ヤマハ発動機
10-16 据置き    2 <8326> 福岡銀行
10-18 新 規    2 <6787> メイコー
10-18 新 規    3 <6958> 日本CMK
10-19 据置き    1 <9433> KDDI
10-19 据置き    2 <8036> 日立ハイテクノロジーズ
10-19 引上げ  4→3 <6724> セイコーエプソン
10-20 据置き    2 <4293> セプテーニ
10-20 据置き    2 <4502> 武田薬
10-20 据置き    2 <4719> アルファシステムズ
10-20 据置き    2 <6727> ワコム
10-20 据置き    3 <6758> ソニー
10-20 据置き    3 <7741> HOYA

今週の決算発表の注目株(LaQoo+でチェックすると。)
10-23  信越化学工業、ヤフー、カブドットコム証券
10-24  エルビーダメモリ、NEOMAX、日立情報システム
10-25  野村H・D、本田技研、シャープ
10-26  富士通、ソニー、日産自動車、イー・トレード証券、任天堂
10-27  JR東海、リコー、日東電工、アドバンテスト

△ 信越化学工業 80円高の7880円 短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、様子見。中長期的には株価はやや下降傾向。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。

△ ヤフー 1950円安の45500円 短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、様子見。中長期的には株価はやや下降傾向。
(サプライズを期待、中間決算発表時に検索連動型広告の進展状況を説明して欲しい)

○ カブドットコム証券 6000円安の218000円 短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや上昇傾向で、買っている場合は、中長期的にはこのまま保有。

○ エルビーダメモリ 60円高の5750円 抵抗線を越えており、短期的に株価が上昇。短期的な取引では、買い。中長期的にはあまり大きな値動きはない。中長期的な取引については、しばらく様子見。
(サプライズを期待で、何処まで上がるかですね)

× NEOMAX 29円安の1970円 支持線を下回っており、短期的に株価は下降。短期的な売り建てに適していると言えるでしょう。中長期的にも株価は下降すると思われます。中長期的な売り建てに適している。
(これは、決算でサプライズがあるかもしれないし、ハイブリットカー銘柄で)

○ 日立情報システムズ 40円高の2430円 短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや上昇傾向で推移。この銘柄を買っている場合は、短期的にはこのまま保有。中長期的にはあまり大きな値動きはない。中長期的な取引には、しばらく様子見。
(ネガチィブサプライズを期待する人も多いが、信用の取り組みが良いので?)

× 野村ホールディングス 20円高の2180円 短期的に株価に不安定な動きが予想。この銘柄を買っている場合は、売りを検討する時期。中長期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。中長期的な取引については、しばらく様子見。
(決算は期待できませんから、どうなるのかな?、信越製紙のM&A失敗もWで)

△ ホンダ 10円高の4060円 短期的に株価に不安定な動きが予想。この銘柄を売り建てしている場合は、買戻しを検討。一方、中長期的には株価はやや下降傾向で。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。
(為替差益で、増益幅がどれ位かを期待し、サプライズも有ると思う)

△ シャープ 25円安の2075円 短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや下降傾向で推移。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。
(液晶工場の生産稼動時期を早めているので、増収増益と思うのですが、欧米での液晶TVのシェアが少ないので、外資系証券の査定が悪いので、株価が低迷。)

△ 富士通 12安の995円  短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや下降傾向で推移。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。
(ゲームチップ王国のはずで、増収増益のはず??、サプライズを期待。)

△ ソニー 40円安の4750円 短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや下降傾向で推移。この銘柄を売り建てしている場合は、短期的にはこのまま保有。一方、中長期的には株価はやや上昇傾向で推移。この銘柄を買っている場合は、中長期的にはこのまま保有。
(欲しい株の一つで、4000円割れを期待しているが、決算でサプライズがある感じ)

△ 日産自動車 12円高の1358円 短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや下降傾向で推移。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。
(工場は生産調整中で増収は期待薄、為替差益でどのぐらい、利益を出すのが焦点)

△ SBIイー・トレード証券 6000円安の130000円 短期的にも中長期的にも、あまり大きな値動きはない。取引については、短期も中長期もしばらく様子見。
(焦点は、夜間取り引きの進行状況の発表と今後の見通し。)

△ 任天堂 260円安の24340円 短期的にも中長期的にも、あまり大きな値動きはないでしょう。取引については、短期も中長期もしばらく様子見。
(決算発表では、動かないと思うWill次第と思う)

△ 東海旅客鉄道 20000円高の1290000円 短期的にも中長期的にも、あまり大きな値動きはない。取引については、短期も中長期もしばらく様子見。ただし、突発的な値動きの大きな変化に注意。

△ リコー 10円高の2435円 短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや上昇傾向で推移。この銘柄を買っている場合は、短期的にはこのまま保有。一方、中長期的には株価はやや下降傾向で推移。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。
   
× 日東電工 6650円 支持線を下回っており、短期的に株価は下降。短期的な売り建てに適しているう。中長期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。中長期的な取引については、しばらく様子見

△ アドバンテスト 50円高の6120円 短期的にはあまり大きな値動きはない。短期的な取引については、しばらく様子見。中長期的には株価はやや下降傾向で推移。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。
by mytam | 2006-10-22 19:25
<< ヤフーの成長に翳りが 新日鉄、自己保身へ3000億。 >>