見通し、未達成は株は?
フルキャスト、当初予想を下回ったことが嫌気されて、ST安の295000円で、成行きの売り残が、16693株も残っている。
 経常利益は従来計画57.1億円を下ぶれる45.5億円で、業績見通しの甘さを指摘された結果だが、東証一部銘柄でここまで下落するとは、・・・・。

 日経平均、悪い地合を引き継ぎ、両足の小陽線で、25日線に頭を抑えられている形で、ボリンジャーバンドが縮小されてきたので、トレンドが大きく動くと思われるが、問題はどちらに動くかと言う事。
 
 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:73%(前日比+1%)10月30日
新規買い指数** :28%(前日比+3%)
前場は日経プットの取引多い。夜間には米国の堅調をみて日経コールの買い増える。

G・S証券の今週の注目点(10月30日~11月2日) by 山川エコノミスト
1、7-9月の景気指標は、輸出・生産を中心に予想以上に堅調さを保っている。低成長が予想された7-9月GDPは予想対比上ぶれる可能性が高く、04年同様の「踊り場」局面は回避される可能性が高まっている。

2、 消費者物価(CPI)上昇率は当面+0.2-0.3%前後の「低空飛行」が07年春先までは続く。ただ、ガソリン価格の押し上げが剥落するだけで、インフレ圧力が弱まるわけではない。当社の1~3月の利上げの見通しには変わらない。

3、 審議委員による「2006-07年度成長率・物価見通し」では、CPI上昇率予測が-0.3%ポイント程度下方修正される。但し、景気・物価の基本シナリオは変わらず、日銀は政策変更の自由度を保つ。

4、 米国経済については、10-12月GDP成長率が引続き低成長に止まるリスクがある。
(米国株価への過度の期待は、危ない?、期待は、景気指標の発表ですか?)

フィスコの村瀬氏は、個別対応での値幅取りの動き
 日経平均は一目均衡表の基準線が機能した格好となり。週足では先行スパン上限レベルを維持、反落となったものの弱気には転じづらい。
 NYダウの雲行きもやや不安視されてきているが、今晩のFRB議長講
演や週末の雇用統計を控えているため、見極めづらいところである
 内需系中心に上昇するならば、投資家心理は後退しないと考えられ、好決算銘柄や中小型株への循環物色が続くようであれば、その後国際優良株などの調整一巡感も台頭してくる可能性もあろう。
 不安な状況ではあるが、個別対応での値幅取りの動きが続きそうである。

朝の外資系証券の注文状況は、売り4620万株、買い4060万株、560万株の売り越し。

 前場寄り付き前の注文で、主な売越銘柄はソフトバンク50万株、飛島建48万株、NIS28万株、トヨタ18万株、三菱商16万株、ソニーと丸井がそれぞれ13万株、野村12万株、アコーディア1万5670株、ヤフー1060株、NTTドコモ930株、ネクシィーズ360株。
 一方買い越しでは、筒中1355万株、日産自14万株、双日12万株、SBI1300株

後場寄り付き前の注文で、主な売越銘柄はソフトバンク19万株、NISと飛島建が各17万株、フルキャスト1万420株、三菱UFJ180株。
 一方、買い越しでは筒中1574万株、三菱自11万株、SBI660株、三井住友FG570株、NTTドコモ550株、アコーディア350株。

サイバー・コミュ 15000円安の162000円。07年3月通期連結決算予想を発表し、広告主の費用対効果から、成果報酬型・検索連動型への期待が強まり下方修正に。売上高は535億円(予想570億円)、経常利益17.5億円(23億円)、当期純利益は7.5億円(10.8億円)に減額。
10月18日に最終利益予想のみ下方修正していた経緯から、約半月後の修正に不信感が生じた結果と囁かれている。

住友重機械 59円高の1061円 昨日中間業績の上方修正を発表、経常利益は従来予想の195億円から277億円にまで増額修正。建設機械部門の売上が伸長し、コスト削減進展や販売価格上昇に伴い、採算が想定以上のピッチで改善。
G・S証券 投資判断を「中立」から「買い推奨」に格上げ、目標株価も1000円から1300円に引き上げ。(野村の投資判断は、前から1で、強い。)

ソフトバンク 125円安の2435円。 SBモバイルが公正取引委員会から広告内容について調査され、「0円表記や料金体系の広告が誇大ではないかと指摘された」と、SBが公表し、それが嫌気・警戒で売られ、信用倍率を無視し、空売りをしている。

アイシン精機 90円安の3510円。昨日発表した中間連結、06年9月当期4.9%減246.82億円、07年3月予想580億円。ATの販売台数下方修正などからみて、業績上ぶれ幅は大きくないとの判断され、売られている。
(ハイブリットカーの部品製造で、好感され買われていたが、業績は今一。対照的に、日産自動車は、何故か?47円高の1448円と上昇、スズキ関連で買われたとのことですが?)
[PR]
by mytam | 2006-11-01 23:15
<< 期待と不安の雇用統計 NYダウ、強弱材料交差。 >>