人気ブログランキング |
日経、上昇トレンドへ。
 06年11月の機械受注統計が、市場予想の3.4%を上回り、3.8%と心良い数値であった事で、日経平均152円高の17209円と上昇し、5日平均線はV字型となり、トレンドが転換している。
 残る焦点の日銀の政策次第と思いますが、円安が進み、国際優良株が上がっていますが、利上げは腰砕けと読んでいるのかな?

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:35%(前日比+2%)1月12日
新規買い指数** :49%(前日比-5%)
個別株コール、日経コール、NIFTYコールの利食い売り多い。

 フィスコの村瀬氏は、利上げ、再編、出遅れ、といったテーマを基本に

 日経平均は続伸。17-18日の日銀政策決定会合での追加利上げが高まるなか、銀行株が終日強含みの展開。
 米国市場が休場となるため積極的に上値を買いにいく向きは限定的ながら、一方で下を売り込む動きにもならず、明日も指数的には膠着感の強い相場展開となろう。ただし物色意欲は強く、利上げ、再編、出遅れ、といったテーマを基本に短期値幅取りの動きが活発化しそうである。
 国際優良株など先駆銘柄は堅調ながら高止まりしているが、もともと個人投資家の参加しづらいエリアであったため問題はない。半面、銀行、証券、化学といった出遅れ感の強いセクターが切り返していることは、市場心理を明るくさせよう。

朝の外資系証券の注文状況は、売り2980万株、買い3660万株、差し引き680万株の買い越し
 東証1部の寄り付き前の注文で、主な買越注文は、JAL129万株、三洋電87万株、日産自25万株、トヨタ18万株、シチズン13万株、セブン&アイ11万株、日本駐車場1360株、NTTドコモ1190株、三井住友FG770株。
 一方、売り越しではヤフー1810株、インボイス330株、NTT320株、T&Gニーズ200株、SBI160株、りそなHD140株。

日本航空 12円高の247円 14日付の朝日新聞が「経営再建中の同社に対し、主取引銀行の日本政策投資銀行、みずほコーポレート銀行を中心とする取引金融機関が総額2000億円前後の融資を計画していることがわかった」と報道され買われている。
(この融資によって当面の財務問題は解決される見通し。)

日興コーディアル証券 42円高の1309円 大量保有報告書ではカナダの投資ファンドであるマッケンジーが5.74%取得した事が判明したため買いが入っている。このファンドは、ピーターカンディル氏が率いており、割安株を発掘して長期投資するのが特徴。ただ同ファンドは過去に何度も同銘柄を売買しているとの事で、思惑は続かないと見るのが妥当だと・・。また同ファンドは9409テレビ朝日株も6.13%取得しており、同銘柄も今日は買われている。

東レ 15円高の900円 日経新聞の「日本企業が海外で飲料・工業用水をつくり出す水資源事業を拡大する」との報道で、買われている。
市場では、「水資源関連という意味では、特に目新しさはないが、改めて事業の成長性を期待する動きにつながった」との声が。

キヤノン 60円安の6480円 SED単独生産に警戒感で、売られている。
東芝と共同出資するSEDパネルの開発・製造会社を完全子会社にすると正式発表。 単独事業化することでSED技術に関連する米社による訴訟問題の早期解決を狙うというが、競合する液晶パネルやプラズマディスプレーパネルの価格が下落しているとあって、事業のリスクが高まっている。

ソニー 140円高の5700円 テクニカル的には、売りと思いますが、強いですね。
(強弱レシオで、Bレシオが11200%で、ロウソク足が塔婆。)
フィスコでは、米国市場で大幅高となった流れを引き継ぐ形に。米国のTV番組で、著名なコメンテーターが同社株を推奨、会社分割の可能性が高いことなどを背景にして、円換算で8640円程度まで上昇の余地があるとしているようだ。
逆日歩が、0.05付き、回転日数が、3.9日と過熱気味。
(明日、窓を空けたら、空売りします。^^)
by mytam | 2007-01-16 07:26
<< 安倍内閣、利上げに温度差。 今週の見通しは? >>