人気ブログランキング |
猫の目相場?
NYダウ、59ドル高の12612ドルと上昇し、G7での円安是正問題は、討議されずに先延ばし、その結果、為替は、1ドル=120円台に(一時的?)。
 昨日のSQ後の急落で、投資マインドは低下していたが、このダブルサプライズで、月曜は強気なトレンドが予想され、節目のSQ値17659円を終値で越せるかが焦点。(日経平均、節目でサプライズが続き、憑き憑いている感じですね)
 一般的に、SQ値である1万7658円を越えてくれば、1万8000円台乗せと言われ、逆に、来週SQ値を越える事ができなければ下落基調が続く可能性が高いとされている。by マーケットバンク(株)岡山憲史氏(元フィスコの黒岩氏が在籍中)

 ただ、G7は、日本経済の状況を反映すれば、円が弱くなる理由はないとの認識を示しているので、円安は一時的と考えた方が妥当で、2月末からの世界同時株安についても「グッド・コレクション」だったとし、日銀の利上げを肯定的に見ている。
 さらに財務省幹部は「根っこには世界全体で資金が潤沢に流れていることがある」と指摘し、「資金調達コストが安いことは、全体として大きくはねるリスクがあることをある程度認識してもらう方がよいとの判断があった」と解説。
(日銀も問題が有るが、財務省も問題、流動資金が潤沢なければ、為替動向が不安定になり、一時のアジア危機の再来が起き混乱が続く。結果的に為替動向は、1ドル=118円+・-3円のレンジ相場)

野村・HD 85円安の2265円 もし、日経が18000円台を目指すなら、今が買い場?。
 テクニカル的には、三角持合の下ぶれ、MACDも再度の陰転、RSIも右肩下がりで、買える状況ではない。
 月曜、リバンドがどれだけ有るかで変わってくると思われるが、明らかに売られ過ぎの状況での貸借倍率が9.6倍、難しいですね。

東芝 10円高の881円 今が、旬な銘柄ですね。
 NAND型フラッシュメモリーの市価反転との思惑と、原発関連での強気な見方で買われいるが、RSIが80%をオーバーしていて、買い難い銘柄。
 ただ、トレンドに乗っている銘柄は、何処かに傷があり、一方的にロングに傾かないため、上昇する。(今のNYダウの様に)
 
信越化学工業 70円安の7670円 ムーディーズの投資評価格上げ(A1→Aa3)で、地合が悪く下落。
 テクニカル的には、買い難い状況、ロウソク足が、寄り付き大陰線包み、RSIが90以上、MACDが陰転。貸借倍率が8.3倍。
 ただ、工場の事故があったにも関わらず、増収増益の見込みで、フンダメンタル的には、強気。

三井化学 6円高の1044円 有機EL銘柄で、逆行高。
 ロウソク足の上ヒゲは、良くないが、RSI・MACD共に、右肩上がり、月曜には、一目均衡表では、三役好転との形で、狙いやすい。
 また、信用倍率が0.62倍とショートに傾いている良い形。
ただ、ELは本当に実用化出きるのかな?、塗料に電機信号を与え光らせるとの簡単な原理ですが、コニカミノルタのGEとの照明器具もそうですが、信憑性が今一。
 有機ELの基本パテントは、イーストマン・コダック社が持っていますが、単独の自社開発は、諦めた様です。
by mytam | 2007-04-15 17:10
<< 今週の見通しは? 魔の13日の金曜日。 >>