人気ブログランキング |
今週の見通しは?
先週末のNY市場が堅調な動きで、月曜の日経平均も期待されますが、今の出来高では、25日移動平均線(16800円前後)を抜けるのが難しく、頭を抑えれて、再度、下を向きダブルボトムをつくとの見方が、アナリスの間に広がっている。
(昨日のセミナーで、今のトレンドは下向きで、信用の空売りでヘッジを取るべきと語り、25億株以上の出来高が無いと16800円の壁を抜けないとの見解。)
 また、FXは、レバレッジを利かせた物でなく、現物投資のものを進め、強制決済を起こした投資家は、FXや株式投資に2度と資金を投入しなくなると語っていたことが、印象的でした。
 
 前回の下げは、為替で円キャリートレード縮小の見方から115円を突破したため、企業利益が下ブレとの思惑で、投げが投げを生み、株も国際優良株中心の大幅安、為替の方も、その株式市場の暴落と急激な円安の為、高いレバレッジのため強制決済が発生し、1ドル=111円台までの急速な円高と解説している。
 
 為替も日経平均も25日移動平均線のラインを抜けるのかが焦点と思うが、日経平均は、明日、NYダウの影響でMACDが陽転すると思われ、その勢いでトレンドのクロスライン、16500円(火曜日)前後を越し上ブレを期待したいが・・・・。

 フィスコの日経平均のテクニカルコメントは
 
 金曜日の日経平均は膠着。上値は抑えられ利食い優勢となっているが、前日捉えていた週足ベースの一目均衡表の先行スパン下限が位置する16200円レベルをサポートと
して機能させている。
 ただ、来週初にこれを割り込んで始まってしまうと雲下限に跳ね返された格好にみられやすくなるため、短期的な戻りとしては一巡感が出易い。

 一方、16200円レベルをサポートとして機能させることができると月初の一旦は底打ち期待が高まっていた16700円レベルに位置する25日線を窺う展開となる。
 そうなると8/9の17270円レベルが意識されてこよう。15200-16200円のボックスか、若しくは16200-17200円かがみえてくると考えられ、現在の水準がレンジ上限、下限どちらかに。と。
by mytam | 2007-08-26 14:28
<< 綺麗な右肩下がり 東京の主婦の高笑い? >>