人気ブログランキング |
奈落の底へ、パートⅡ
 11月中にサブプライム関連の損失を計上し、決別姿勢との見方で前向きに考えてますが、GMの赤字決算での約4兆5千億円の繰り延べ資産の取り崩し、普通の会社なら、社長・会長は首ですよね。
 主因は、金融子会社のGMACによるサブプライムローン事業の失敗とのこと、確かこの会社に、農中金庫が資金を入れていたとの記憶があり、農協の経営大丈夫??
 また、米国が主力市場である自動車株、当面、厳しいですよね・・・。

 日経平均、SQ週らしく大荒れ。325円安の15771円まで下落。
 ロウソク足は、窓空けた陰引き坊主、陰線の幅が118円、下ヒゲの幅が145円と若干、日中はショートを追いすぎているので、明日のSQは反発し始まる可能性も、ただ、NYダウが13300ドルで止まるとは、・・・・・。
 M・Sが約4200億円の追加損失計上を時間外で発表したことを考えると、下値の目処13000ドルまで下がり、下ひげか?陰線を作る可能性が高く、その結果、明朝のSQ値が15500円前後で決まれば、悪材料でつくし感でリバンドとの思惑もあり、陽線包みになる可能性もと夢みたいですね・・・・・。^^;
 
 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:54%(前日比+7%)(11月7日)
新規買い指数** :38%(前日比-9%)
日中は任天堂CALL、ハンセンCALLの買いが多いが夜間には売りに転じる。WTIリンク債CALL及びPUT、ICICI銀行CALL、金リンク債CALLの買い多い。
(そろそろ、転換期と見れますが・・・)

フィスコの村瀬氏は、指数の下落を織り込みつつ、決算や需給妙味、中小型株、資源関連の一角もそろそろ

 7日のNY市場の大幅下落、為替の円高などの影響を受けてあっさり16000円を割り込んで始まった日経平均は、後場寄り付き後には一時15626.06円と9月11日の直近安値(15610.65円)に接近。
 ただ、三菱重工が年初来安値水準ながら底堅い動きをみせ、年初からの上昇分を帳消しにする一方、原発事業などに対する期待感もあり、調整一巡感から仕切り直しの動きもそろそろみられてくるところと考えられる。
 また、ファンドなどの資金引き揚げの動きが強まるのではとの警戒も強いが、信用倍率1倍割れの銘柄などは反対に買い戻しの動きにつながる可能性もあり、需給面に注目した銘柄選択なども有効であろう。
 また、オプションSQで下振れするようなら、短期的なリバウンド狙いの動きも。 
 朝の外資系証券の注文状況は、売り5810万株、買い2740万株、差し引き3070万株の売り越し。

 前場寄り付き前の注文で、主な売越銘柄はニチアス1907万株、三菱自266万株、住金159万株、双日111万株、新日鉄104万株、日産自41万株、トヨタ32万株、住友商25万株、野村と不動テトラがともに23万株、ソニー21万株、ホンダ18万株、コマツ17万株、ソフトバンク10万株、SBI1万10株、ヤフー5590株、NTTドコモ5190株、りそなHD2190株、みずほFG1910株、グッドウィル910株。

 一方、主な買越銘柄は三菱UFJ26万株。

 後場寄り付き前の注文で、主な売越銘柄は、ブックオフ33万株、住金24万株、三菱自21万株、新日鉄17万株、川重16万株、りそなHD240株、SBI270株、NTTドコモ100株。

 一方で主な買越銘柄は、TAC10万株、ヤフー330株。

トヨタ自動車 270円安の6170円 米国自動車会社GMの巨額な赤字から、米国市場の先行き感に、影を指し大幅安。
 ただ、中間決算は良く、通期業績上方修正も発表しているので、11月の終わりごろから、見直し買いが入る可能性も。
 為替も、一時、112円台との円高で、仕方ないかも知れませんが。

ACCSESS 50000円高の450000円 大和證券の投資判断変更にて、昨日までのST安が、一転、ST高となっている。
 商い枚数が少なく、思惑のみで、急落・急騰をくりかえしている。
 今日の思惑は、グーグルが、共同して携帯基本ソフトを無償提供するとの事で、嫌気売りされていたが、それが過剰反応だとの見方で買われている。

アプリックス 24000円安の218000円 この株は、ACCSESSの逆の動きで、昨日まで、グーグルの携帯基本ソフト連合に参加しているとの事でST高になっていたが、ただ、無償提供とのことで業績に繋がらないとの見方から売られている。
 要は、機関投資家が、アプリックスを売り、ACCSESSを買ったことで、大幅な動きとなっている。
 こんなに荒い動きでは、長期投資には向かないとの見方も。

新日鉄 14円安の704円 8月17日の大幅安を下回り、一時は、1月30日以来の700円割れ。
 市場では、信用買い残高の需給が悪化し、また、きょうの株式相場の地合いの悪さから見切り売りの動きがあるとの見方も。
 週足、三尊天井の形ですね。700円が基準ラインで、一旦は下落し、反発し700円まで戻したところを売るのが、シナリオですが、取りあえずは売りの形。
(最悪、600円前後まで↓、700円前後まで↑、400円台まで↓との見方も)
by mytam | 2007-11-09 07:45
<< 6日連続下落^^; 後場より、大崩。 >>