人気ブログランキング |
イベント目白押して
様子見の動きで日経平均、32円安の15924円。ロウソク足は下ヒゲの陰線となっており、トレンドとしては、中立。
 巷(公務員)では、今日はボーナス支給とのこと、今週末にはお歳暮商戦のピークを迎え、また、その資金の一部は貯蓄や投資に回るわけで、多少期待しますが。

(スイスのUBS銀行、サブプライムローン問題で、100億ドルの追加評価損を計上したが、110億ドルの資本注入を受けるとの事で、取り合えず、EU諸国の株価、プラス。その資金は、シンガポール政府投資公社と中東の投資家とのこと。原油資金の還元)

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:51%(前日比+1%)12月7日
新規買い指数** :29%(前日比-6%)
天堂CALL、みずほPUTの取引多い。夜間はリオドセ(ADR)CALLの買い増える。

 フィスコの村瀬氏は、先回り的なスタンスを取っても良さそうだが

 日経平均、寄付き前に発表された10月機械受注は前月比プラス12.7%と市場予想(プラス6.2%)を大きく上回ったことで16000円を回復して始まった。
 ただその後は、膠着感の強い相場展開で、資金の回転や逃げ足は早い。
 
 先物市場での売り仕掛け的な流れも出ていた感はあるが基本的にはロールオーバー中心であり、こちらも動きづらい。
 FOMCでの利下げ幅を受けた米国市場の動向待ちといった格好であり、明日も膠着感の強い相場展開となりそうで、イベント通過によるアク抜け感を意識した先回り的なスタンスを取っても良さそうな感はある。
 方向としては下振れというよりはリバウンド基調の持続を意識したいところ。

 朝の外資系証券の注文状況は、売り2580万株、買い2160万株、差し引き420万株の売り越し

 前場寄り付き前の注文で、主な買越銘柄は横河電25万株、SBI610株、みずほFG510株、三井住友FG420株、フェイス360株。

 一方、主な売越銘柄はNIS46万株、三菱UFJ44万株、東建コーポ24万株、トヨタ18万株、ソフトバンク14万株、オリックス9600株、ヤフー2480株、NTTドコモ1120株、インボイス570株。

後場寄り付き前の注文は、売り越しが東建コーポ25万株、ヤフー800株、SBI680株、NTTドコモ290株など。

 一方、買い越しは三菱UFJ31万株、グッドウィル320株など。

DeNA 28000円安の739000円 黒カラス3羽でピークより、15万円安。
市場では、「新興企業向け株式相場全体での物色の広がりがみられず、相場を先導してきたネット関連株への買いにやや息切れ感がある」と。
 また、フィスコでは、総務省が未成年者のフィルタリングサービスへの加入を携帯キャリアに要請するとの報道を受け、「モバゲータウン」が制限対象になる可能性があるとの懸念が生じているようだ。と。

ファーストリテイリング 360円高の8400円 この頃の寒さで、冬物商品に期待が持てる点と、生産拠点が海外なので、円高メリットを受けるとの事で、買われている。
 ただ、子会社のキャビンは、業績にはマイナス。また、世界各国への出店も。
by mytam | 2007-12-11 07:44
<< 嵐も前の静けさか? 今週の見通しは? >>