人気ブログランキング |
米国の流れとしては
ハイテク買い・金融売り、特にハイテクは、ネット系IT関連株、背景としては、10月~12月期の利益の伸びが前年比23%も伸び、また、クリスマス商戦は全体的には伸び悩んでいるが、ネット系販売は大幅に伸びたことで、アマゾン・コムなどが、買われている。
 当面、この流れで、楽天・ヤフーの強い動きが想定される。9月ごろ、M・S証券が、半導体系IT銘柄売りのネット系IT銘柄と投資判断に乗せていたが、見事正解。
 今思うと、ヤフー・楽天買いの、SUMCO・エルビーダメモリ売りで、取れましたが、SUMCO・エルビーダメモリは、貸借銘柄で無いので、大手機関投資家しか、売れないのが現状。共に、意味しげな下落トレンドを打っている。
 遂に、日立・東芝、同じ株価になりました。業績を取るのか?トレンドを取るのか、迷うとこですが、当面は、東芝売りの日立買いが流れのよう。ただ、参戦する時は、東芝買い・日立売りを狙いたいが。(スプレクト取引の逆張りは、大火傷かもしれません・・・。)

 日経平均、大納会前に反落し、89円安の15564円。出来高は13億7323万株と減少の一途で、最低。
 ただ、MACDは陽転しているので、買え無い事は無いが、年明け後と見るのが、流れ。
 年末までには、15700円は越すと期待していましたが、上値抵抗ライン(10月15日ー12月11日)に頭を抑えられた形と後味は悪い。
 逆に、クリスマス商戦は、期待ハズレに終わってしまったが、景気低迷→利下げとの思惑で、EU市場は堅調な動き、大納会に期待感も。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:36%(前日比-5%)12月26日
新規買い指数** :40%(前日比-6%)
日中から夕方にかけては日経平均や国内個別株を対象原資産とするeワラントを中心に売りが多く、夜になって買い増える。
 フィスコの村瀬氏は、相当期待薄だが5年連続の年末月足陽線に期待も

 年末接近で参加者が限られる中、膠着感の強い相場で、日経平均は昨日の高値を超
えることが出来ずに次第に利食いに押される格好。
 ただ、下を売り込む流れにもならず、先物主導で仕掛け的な売りの動きも幾度かみられたが下にも走らず、結局、狭いレンジ取引が続いている

 出来高は連日の13億株台と依然として低水準であり、年末特有の値幅取り狙いの流れも低位材料株にとどまってしまっている。
 いよいよ今年も大納会を残すだけとなったが、ディーラーなどの参加は限定的であり、材料株への値幅取り狙いの動きも限られる可能性はある。
 あとは、ドレッシング買い期待からの主力株の動向が注目され、日経平均の12月の月足は2003年以降、4年連続で陽線を付けている。5年連続とするならば12/3寄り付き15747.47円を突破する必要がある。相当期待薄ではあるが、薄商いの中では200円の上昇は意外とたやすいかもしれない。 

 朝の外資系証券の注文状況は、売り1040万株、買い1470万株、差し引き430万株の買い越し。

 前場寄り付き前の注文で、主な売越銘柄は三洋電171万株、トプコン98万株、住金18万株、住友商11万株、グッドウィル8万5540株、みずほFG660株、インボイス210株。

 一方、主な買越銘柄は三菱UFJ25万株、イオン13万株、ヤフー1910株、NTTドコモ1330株、SBI460株。

 後場寄り付き前の注文で、主な売越銘柄はトプコン236万株、三洋電70万株、三菱UFJ14万株、グッドウィル12万410株、ヤフー430株、NTTドコモ300株、JR東海160株。

 一方、買い越しが目立ったのはJAL24万株、インボイス200株

JR東海 71000円安の959000円 遂に、100万円台から下落。
野村・HDが、昨日の大幅下落にも関わらず、新規中立でカバレッジ開始したため、短期資金による売り仕掛により、反落。
 ただ、市場では「中央リニア新幹線の建設は、中長期的にみれば競争力強化につながる材料でもあるため、現在の下落はやや過剰反応ではないか」との見方も。

三洋電機 11円安の156円 「違法配当」を認めたことにより、上場廃止の思惑で、昨日から大幅下落。
 当面は、1月4日に付けた年初来安値(151円)が下値メドとして意識されているが、韓国のスムスン電子が買収との噂から、筋がシコリ玉(180円前後)を抱えているので、上場廃止が決まれば100円を割る可能性も。
by mytam | 2007-12-28 07:36
<< 一年、お疲れ様でした。 勝ち組は、冬休みかな? >>