人気ブログランキング |
下げすぎ。
 殆ど、バナナの叩き売り状態。
幾ら、ノックイン債のよる、逆売買としても、長期投資家が居なくなってしまう感じ。
 ただ、テクニカル的には、【陰の極】で、ここからは強気で「買い」とのこと。
 短期間(2週間前後)で日経平均株価が安値から1,500円幅近く上昇する反騰を見せるものと思われます。
 by 「マエストロ」の株式デイリーコメント

 ◎◎◎◎◎ ここまで下げる場面はそうそうありません。◎◎◎◎◎

 会員ページでは昨晩に大幅反発期待で『セット買い銘柄』を提案。本日も
会員ページでは『セット買い銘柄』第2段を提案させていただきます!それ
ぞれ15%UPを目標といたしますが、20%~50%UPの上昇を演じる銘柄も出現
してくるものと思われます。【買い場到来です】

 少しは、元気が出そうですが・・・・。現実味が・・・・・。^^;

日経平均、窓を上げ下落。それも日足が陰の寄り付き坊主。
明日、窓を空け陽線上昇し5日移動平均線を突破すれば、多少期待は出来ますが、外人の投売り状態では、どうにもならない感じ、頼りは、月足の60ヶ月千線のみ。
 考えられるサプライズは、RBの緊急利下げの発表程度か?、問題の決算発表は、米国JP・Mで、終了するので、イベント明けでのリバンドがあるか?。
 間違っても、日本国内から株価政策は出てこないと思うし・・・。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:41%(前日比+2%)
新規買い指数** :45%(前日比-6%)
日経PUTの取引増える。コーン大幅高でコーン先物リンク債CALLは売り多い。


フィスコの村瀬氏は、一旦はリバウンドを想定したスタンスに切り替えたいところ

 日経平均は大幅続落。468.12円安の13504.51円(出来高概算30億2000万株)で取引を終えている。
 米国市場の下落影響から幅広い銘柄が売りに押され、前場段階では一時13594.32円まで下げていた。
 しかし、その後安値圏での膠着が続く中、割安感などに着目したファンドの買い増し報道なども聞かれ、前引けにかけては急速に下げ幅を縮めてきている。この流れが続くかにみえたが後場に入ると再び下へのバイアスを強め、大引け間際には13500.59円と13500円割れ寸前まで下押している。
 
 物色は外部リスクの影響などを避ける流れから電力・ガス、医薬品、JR、通信などディフェンシブ・セクターが中心となっている。
 ファンドのロスカット抵触との見方もあり、主力処の下げがきつく、為替の円高基調の影響があるにせよ、トヨタが4%近い下げとなったほか、任天堂がストップ安となっている。

 この主力株の下げにより売買代金は3兆5000億円レベルまで膨らんでいる。
 外部リスクの影響からきつい下げとなっているが、売買高の膨れからみてもファンドのクローズの流れが加速したようである。
 今年に入り、売買代金も比較的高水準を続けているため、クローズの流れが続いている状況と考えられるが、本日は更に膨れているためピーク的な動きとなった可能性はあり、出し切った感もある。
 また、テクニカル的にみても昨年7月高値から8月安値、10月高値から11月安値、12月高値から本日の安値までの下落率はほぼ同じであり、下振れリスクは後退していな
いものの、一旦はリバウンドを想定したスタンスに切り替えたいところであろう。

 朝の外資系証券の注文状況は、売り4710万株、買い2760万株、差し引き1950万株の売り越し。

 寄り付き前の注文で、主な売越銘柄は三菱UFJ98万株、日産自76万株、双日75万株、コマツ71万株、住友商43万株、日立造41万株、キヤノン39万株、トヨタ38万株、野村36万株、ホンダと三菱商がそれぞれ34万株、ソフトバンク32万株、不動テトラ24万株、イオン14万株、オリックス1万2700株、インボイス7960株、NTTドコモ6680株、SBI6010株、グッドウィル5670株、日本駐車場3360株、みずほFG3240株、フェイス3230株、ヤフー2520株。

 一方、主な買越銘柄は武田5万株、アコム2万4000株

 後場寄り付き前の注文で、主な売越銘柄は、Sサイエンス79万株、レナウン27万株、プレナス15万株、ランビジネス2170株、グッドウィル570株、SBI390株、NTTドコモ310株、ヤフー220株、りそなHD210株、インボイス160株、みずほFG150株。

 一方、買い越しでは目立った銘柄はみられなかった。

KDDI 18000円高の826000円 テクニカル的に数少ない買える銘柄。
あとは、武田製薬とTOTO位。
by mytam | 2008-01-17 07:37
<< 弱いリバンド 日本株売りのGSは? >>