人気ブログランキング |
金融株、メチャ強いね^^
サブプライムローン関連で、売られすぎだったのか?判りませんが、今日は、金融株が爆発、新興株顔負けの一時ST高続出。
 逆にネット関連株が売られ、ヤフーなど、一時ST安となっており、銀行・証券株買いのヘッジ取引の感も、実際は、先週末の債券売りの先物買いの動きが、先物買いを、金融株に代え、債券の代替にしたと思う。世界的に、金融株の見直しが有ったのが前提ですが。
 
 機関投資家が金融株を大量にインデックス買いを行ったため、インサイダー問題の野村・HDが、大量の空売りを踏み倒し、86円高の1747円とネックラインをクリア、完全な踏み上げ相場を予感させる形。
(一目均衡表は三役揃い踏み、DMI陽転、ボリンジャーバンド+2δオーバー、更に、需給面では、空売りが103万株で、買いが3.6万株と超売り越し)

 ただ、金融庁は眉を曲げ、野村証券社員によるインサイダー取引事件を踏まえて、証券会社に対して5つのチェック項目を提示し、早急に対応を取るように要請。
 佐藤長官は「証券会社は市場仲介者として他の市場参加者以上に高い法令順守意識や倫理が求められている」と。
 また、野村証券に対する行政処分の可能性について「業務運営に問題が生じた場合、必要に応じて適切に対応する」と述べ、今後、行政処分もあり得るとの考えを示した。
 これは、日本的なモラルの考え方かも知れませんが、野村・HD株のリバンドは、金融庁の監査が終ったからと言いたいのかも知れません。
 また、決算がど赤字での大反発はね、判り難いですよね、特に公務員としては。
(私も空売りをして、シコリ玉を抱えてしまった^^;、ボリンジャーバンドの+2δの1730円で・・・・。)

 日経平均、30円高の13894円と少し足踏み、ロウソク足は迷いの十字線、ただ、RSI値は伸び、86%と滅茶苦茶強い。明日は休みなので、FOMC会合後のNYダウを見ての売買なので、一抹の不安感が、下ヒゲとなって現れたかも知れませんが、金融株が堅調な動きなので、大きく崩れることは考え難い。

ヤフー 一時ST安、サイバーエージェントも大幅安なので、ネット株、5月の連休前にカウンターを打たれた感じですね。ただ、DeNAは、強いですね。
 兎も角、決算発表後、失望売りですので、ここ1月間は、弱い動きと思われ、また、米マイクロソフトによる米ヤフーの買収について進展がないことを嫌気していると見る向きも。
 今日のST安を仕掛けたのは、クレディ・スイス証券で、投資判断を買い→中立に変更。
 楽天も陰線包みと成っていますが、需給面からは少し売るのは、怖い感じで、売るなら、サイバーエージェントかな?

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:76%(前日比+4%)4月25日
新規買い指数** :3%(前日比-12%)
日経CALLの利食い売り多い。松下電産CALL、新日鐵PUTの短期売買活発。日経PUTの買い多い。

 朝の外資系証券13社経由の注文状況は、売り3260万株、買い4440万株、差し引き1180万株の買い越しとの観測

買い方手控えも売り方は買い戻し迫られる フィスコの村瀬氏は


 日経平均は小幅続伸。30.90円高の13894.37円。
 前場半ばに14000円を回復した後はもみ合いが続き、後場寄り付き直後には先物主導でマイナスに転じる場面もみられたが、メガバンク、ノンバンク、証券、不動産、保険など金融関連セクター主導での強い動きが終日続き、日経平均は若干ながらプラスで引けている。
 米金融リスクに対する不安感が一先ず後退しており、金融関連セクターの買い戻しを強めたほか、決算の影響はあるものの日立建機、コマツなど米景気後退懸念で売り込まれていた機械セクターなども強く、市場のセンチメントは改善をみせている。
 
 GW入りとなることから積極的には手掛けづらい面があるほか、テクニカル面では過熱感も強まっていたため本日の上値の重さを嫌気する向きはないと考えられ、やや達成感は出ているが、リバウンド余地を探る流れは続くと見ておきたい。
 30日も月末ドレッシング期待から底堅さが意識され、週末は米雇用統計のほか4連休を控えてポジションは取りづらいためもみ合いが予想される。
 ただ、買い方にとっては4連休で手控えたとしても、外部環境に変化が見られてきているところでは、売り方にとっては買い戻しを迫られる可能性はあろうと。
by mytam | 2008-04-29 22:20
<< スタンドの前、大渋滞 日経平均、初夏の兆しが >>