人気ブログランキング |
SQ思惑の反落??
日経平均、昨晩のNYダウの反落(約200ドル)を受け、294円安の13888と節目の14000円割れ。ただ、イブニングセクションでは、13990円となっており、微妙な感じでSQ後、堅調な動きの可能性も?
 一般的な見方として、25日移動平均線が下向きに転換したため、2~3週間は軟調と警戒され、SQ後、更に反落との思惑。
(為替が107円台で、価格転嫁が進ん出いる業種の鉄鋼株が売られたのは、苦しい)

 昨晩のNYダウ、200ドル反落したが、結構、12080ドル前後で堅かった感じも。
売り方も12100ドルでは、売り難いためと思いますが、底割れの11800ドル以下でのFRBバーナンキ議長の次の手を見てみたい気分も。
 
 また、ソシエテジェネラルの吉野氏が、面白い見方を
今の相場は、インフレへの対応について、口先介入でドルを持ち上げようとする米国と利上げを指向する欧州中央銀行との間で齟齬が。
 また、市場は米国がドルを支え切れなくなるリスクを意識し、利上げ、資金吸収をせずに口先だけでは限界があると。
 一方で7月にECBが利上げに踏み切れば、住宅市場が悪化しているスペインの金融機関等に影響で、金融問題が欧州全体に波及する懸念も。
 ただ、焦点が景気ではなく金融問題であれば、金融機関が比較的健全な日本株は選好されてもおかしくない。と。
 GS証券は、インフレを逆手に取り、長年デフレにあえいできた日本は、唯一インフレが歓迎される主要国として、強気な見方を変えていません。
(欧州系は、売りに傾き、米国系は、買い方継続と変化していますね。)

ローソン 日経平均の採用銘柄で無いため、逆に、強いかも知れませんが、逆行高。信用需給は良く、貸借倍率が0.02倍で、逆日歩が0.2。25日線との乖離率では売り。
 裏で、GS証券が、糸を引いている感じも、目標株価は、一応、5500円と。

京セラ こちらは、JP・M証券が悪さをし、投資判断を「中立」から「強き」に格上げ、目標株価も10000円→13000円に。
 太陽電池事業の継続的拡大、部品事業の収益ボトムアウトを受け、PBRは現在の1.1倍からITバブル崩壊後の平均レベル1.5倍まで上昇すると予想。
 信用需給も良く、貸借倍率が0.11倍に。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:59%(前日比+4%)6月11日
新規買い指数** :36%(前日比-5%)
WTI原油先物リンク債の売り多い。日経CALL・PUT、新日鐵PUTの売買活発。

 朝の外資系証券13社経由の注文状況は、売り3140万株、買い2120万株、差し引き1020万株の売り越しとの観測

 暴落を予想する声も聞かれ始めるが  フィスコの村瀬氏は、

 日経平均は、294.88円安の13888.60円と終値ベースでは5月28日以来の13900円を下回って取引を終えている。
 東証1部の騰落銘柄は値上り756に対して値下がり901、変わらず69と、全面安商状ではないが、主力大型株主導で下げ幅を広げており、日経平均へのインパクトにつながっている。
 スタグフレーション(物価上昇と景気後退が同時進行)のリスクが強まっている米国市場が大幅下落をみせており、この流れから寄り付き直後にあっさり14000円を割り込んだ日経平均は、その後のじり安基調が続き後場寄り付きでは13826.07円まで下げ幅を広げていた。
 その後市場外でのバスケット取引や為替相場の円安基調などが材料視されて下げ幅を縮める場面もみられたが、明日の先物・オプションSQを控え積極的に手掛ける流れにもならず、結局は13900円を挟んだ膠着が続いていた。
 そのため物色は中小型株などの材料株に集中しており、代替エネルギー関連などが中心の中、仕手系色の強い低位材料株の一角が動意付くなど、やや質が悪くなっている面も目立っていた。

 信用不安が燻っていることから金融セクターに対する調整はいいとしても、為替相場の円安基調が続いているものの、輸出関連などは総じて冴えないほか、海運、鉄鋼などが軒並み値を下げていることで物色対象は定まらなくなっている。
 太陽電池など代替エネルギー関連への物色が根強いとは言え、値動きの良い材料系中心であり、短期的な値幅取り狙いの資金が中心とみられる。後場からは仕手系色の強い材料株が動意付くなど質も悪くなっており、先行きに対する不安感を強め易い状況である。
 
 ただ、世界的に株式市場の調整基調が強まり、先行きに対する波乱展開が予想されてきている状況から中長期ポジションでの資金流入はなく、暴落を予想する声も聞かれ始めていることでオーバーナイトポジションも限定的であろう。
 値動きの良い材料株に資金が集中してしまう環境ではあるが、資金回転が早いことで需給悪化も起こりづらいと考えられる。
 市場の弱気ムードが強まってきており、買い方不在で下へのバイアスが強まることも考えられるが、イレギュラー的な価格形成になる可能性もあるため、押し目買い姿勢でのリバウンド狙いに妙味が出そうだと。
(逆張りのリバンド狙いは難しいですが、スリル感が良いですね。)
by mytam | 2008-06-13 07:08
<< SQ値より、80円↓。 国際優良株にGO?? >>