人気ブログランキング |
夏枯れ相場??
日経平均、NYダウの反落とアーバンコーポの破綻を受け、軟調な展開で、66円安の12956円と13000円割れ。一応ロウソク足は、陽線ですが、上ヒゲが25日線に抑えられ、売り方有利。
 ただ、1/4Q決算も終盤になり、そろそろ機関投資家の方針も塊、売り・買いに動く感じも。

 中でも、米国のアマゾン・コムのネット販売の業績が良いため、楽天が連想され、堅調な動き。
 俗に言われる裁定取引、ヤフーとの差額2万円を突破したので、3万円となるのかなとの期待感も有りますが、普通、裁定取引なら、ヤフー買い・楽天売りの形での差の縮小の思惑。拡大への思惑は、ヘッジファンド。
(ヤフーが信用銘柄で、空売りが出来ないので、楽天売り・ヤフー買いの裁定取引しか、個人投資家は出来ません。ただ、ワトロン債は別ですが)
 米国ヤフー買収の思惑の中で、アジア部門の買収は、蚊帳の外なと、業績の進捗率が頭打ちな点で、外資系証券の投資判断は、悪く、中期的に下落トレンド。
 逆に、楽天は、不振だったファイナンス関連が復調してきた点と新しいバーナー広告の思惑で、外資系証券の見直し(本業の楽天商店の売上増の思惑)が見られる点で、ST高後、陽線を積み重ねている。
 機関投資家のヤフー売り・楽天買いの裁定取引幅の許容範囲をどれだけ広げれるかが今後の焦点。月足だと5万5千円が最大。(素直に買えない今日この頃^^;。)

決算後、ギャップ・アップ・ダウンの思惑として。
三井松島産業 (1518)2時に決算発表し、↑。従来予想を55億円→70億円に    
日本カーボン (5302)当期利益前年比65.2%↑、通期42億円と弱め       
オリックス  (8591)強気な見通しの進捗率は18.4%とダメだ。前年比29・3%↓  オリックス、逆指値で、今日の終値を割ったら、損きりへ。^^;
 日本カーボン 逆指値で、75日線の538円を越したら、買いとして。75日線が右↑方向として、良い感じの移動平均線ですね。

 先物、シコリ玉を抱え、我慢の一日。キャノン、ロウソク足が迷い線の十字線なので、明日、損切りが押し目買いの判断をと、思考中。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:70%(前日比+9%)8月13日
新規買い指数** :18%(前日比+5%)
日経PUTの利食い売り、日経CALLの仕込み目立つ。NYダウPUTも利食い売り活発。

 朝の外資系証券13社経由の注文状況は、売り3290万株、買い1790万株、差し引き1500万株の売り越しとの観測。

 手掛り材料あれば、そこに資金集中 by フィスコの村瀬氏

 日経平均、66.25円安の12956.80円(出来高概算17億6000万株)と13000円を割り込んで取引を終えている。
 米金融収縮に対する警戒感が強まっているほか、国内ではアーバンの再生法申請などのマイナス要因もあり、夏休み期間で参加者が限られている中、不動産、銀行、ノンバンクなどを中心に売りが先行した。
 一方、バルチック指数が24日ぶりに上昇したこともあって、昨日唯一強い動きが目立っていた海運株が引き続き堅調な動きをみせている。
 そのほか、原油先物相場の上昇を受けて伊藤忠、三菱商などエネルギー関連の一角がリバウンドをみせ、ニッケル価格の上昇を背景に大平金、冶金工、住友鉱なども物色されていたが、限られた材料を手掛りとした物色にとどまっており、東証1部の値下がり数は終日1000を超えている状況であった。
 13000円近辺では年金とみられるインデックス買いも入っているとの観測も出ており、全体を下支えしていたほか、後場寄り付き直後には昼のバスケットが買い越しとの観測から戻りをみせる動きもあった。
 しかし、エルピーダが一段安となったほか、ファナックが一時8500円を割り込むなど、リバランスが中心とみられており、全体へのプラス作用とはならなかった。
 
 東証1部の出来高は12日の20億株から13日には19億株、そして本日は18億株割れと、確実に参加者が減少傾向にあるようだ。明日は夏休み期間中で参加者が限られる中で、週末要因も加わることで手控えムードが一段と強まることになる。
 本日の海運株などのような手掛り材料が出るようならば、そのセクター若しくは銘柄に値幅取り資金が集中することになろうが、これといった材料が出ないようだと薄商いの中でインデックス売買などに振らされてしまう可能性は大きい。と。

 NYダウ、3日連続ギャップダウンのスタート、EU市場も綺麗な、下押し^^;
by mytam | 2008-08-15 22:38
<< 結局、リバランスへ。 決算後のギャツプは? >>