人気ブログランキング |
荒れ相場^^;
日経平均、NYダウの急落を受け、300円安の12865円と暴落気味。^^;
昨日の高値と今日の底値の差、498円とボラが大きくなって来たことも、気がかりですが、出来高が少ないのが一番問題。
 2番底探しの思惑も有りますが、為替が円安で109円台、これ以上の追突みは、狙うべき。ただ、EU市場も暴落気味で、世界同時株安の再来の見方も。
 
 5日・25日移動平均線とMACDがデットクロス、昨日、期待過ぎた反動で、やる気がメゲ、売り気も買う気も起きなかった。
 先物、今更ね損切りしてもねと思い、シコリ玉は保持、12600円を割れたら、損きりする予定。ただ、ドテン売りは、考えていません。
 また、NYダウの反落は、経済誌が、フレディマックとファニーメイに対し、公的資金注入と報じたため、フレディマックとファニーメイの株式の資産価値がなくなるとの思惑が広がり、共に20%以上株価が、ダウン。この為、市場心理が、一気に悪化したためと。

 東証1部が嵐だと資金は、新興市場に流れ、ミクシィ、楽天、サイバーエージェントなどのネット系新興株が大幅高。
 ただ、トレンドに乗らないと、50%ダウンは当たり前の世界ですから、躊躇ってしまうのが実情。
 楽天、陰線包みを切り返し、5日線復帰。買い難いですが、当面、崩れそうもありません。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:71%(前日比+1%)8月18日
新規買い指数** :22%(前日比+0%)
WTI原油先物リンク債PUT、コマツCALLの取引活発。日経CALLの利食い売り、日経PUTの仕込み目立つ。

朝の外資系証券13社経由の注文状況は、売り2280万株、買い1240万株、差し引き1040万株の売り越しとの観測。

 ボリュームが期待できない中で物色は個別材料の一角に フィスコの村瀬氏は

 日経平均は大幅下落、300.40円安の12865.05円。
 米バロンズ紙でのファニーメイ、フレディマックへの公的資金注入観測が報じられたことを背景に米国市場は金融株主導で弱い動きをみせており、これが嫌気される格好から幅広い銘柄が売り先行で始まったことで日経平均は前日のリバウンド分をあっさり打ち消している。
 市場参加者が限られる中、その後もじりじりと下げ幅を広げており、一時12782.10円とザラバベースでは7月18日以来の水準まで下げている。
 規模は小さいながらも米ヘッジファンドの破綻が伝わったことや、昨日のアジア市場の下げも影響していたようである。
 後場に入ると膠着感の強い相場展開となり、225先物は後場寄り付き直後の5分間でつけた12820-12880円の価格範囲をその後放れることが出来なかった。
 東証1部の騰落銘柄は値下がりが1500近い状況であり、ほぼ全面安商状。物色は値動きの良い材料系銘柄での短期値幅取りにとどまっていたほか、ミクシィの強い流れからネット関連への物色がみられている。
 市場参加者が限られる中で出来高は減少傾向にあり、東証1部の売買高は7月28日以来の16億株を下回っている。

 参加者が限られる中でのインデックス売りによる下げといった、昨日の反対の相場展開といったところである。
 また、日経平均は直近のサポートレベルを割り込んだことから7月16日安値が意識されてきているため、押し目買い意欲も後退している状況である。
 そのため物色は動きの良い材料系銘柄に短期資金が集中する格好である。
 ただ、前日の全面高からみれば、本日の方が短期筋にとっては物色対象を探し易かった感はある。
 引き続きボリュームが期待できない中での材料系銘柄への物色となろう。
 出来高が一段と少なくなるようだと、低位材料での数量商いによる小幅な値幅取り狙いから、新興市場の値がさ株での少量商いでの大幅値幅取り狙いへシフトする可能性はある。
by mytam | 2008-08-20 07:47
<< 弱いリバンド。 本物のリバ?? >>