人気ブログランキング |
2005年 09月 17日 ( 1 )
円相場の一年後は?
外国為替で、米国ドルに対し円が、上昇方向が出ているのに、円高に降れないのは、何故?
(現在の株高は、外国投資家様の御陰?、日本の株式が安い点と円高を見通して、さらに経常黒字や景気回復を併せ、)

ドルレートで、110円台なのは?(今、111円台)
金利差による外国投資信託の購入が多い点。
目先の利益(毎日スワップ金利)のために、仮想ドル買い。
米国企業買収が、多い点。(楽天など)
原油高で、安全保障上ドル強い。

今後円が上がる点は、
クレジット・ヘッジファンドのドルレート見直し。
国内の景気回復、株式市場の活性化・株高、そして、公定歩合の引き上げ
預金・定期から投資信託への転換。(国内投資の物)
外国からの日本株式の投資。
米国の財政赤字・貿易赤字の増大。
原油高・ハリケーン被害による景気後退で、米国債の利上げが、難しい点。

結論として、ここ3ヶ月で、徐々に、円高に進むと思います。(三円から五円)
投資信託の円売りが少なくなる点(ボーナス時期では無い)、国内の株高とカトリーナによる被害。景気後退により米国債利上げは難しい、中国の圧力も架けにくい。

でも、スワップ金利は、美味しいですね。危険だから金利が付くかも知れませんが。
by mytam | 2005-09-17 14:00