人気ブログランキング |
2005年 11月 02日 ( 1 )
FRB,全会一致で0.25%利上げ
ハリケーン、カトリーナの被害で、見送っていたインフレ対策の利上げが、1日に決定し、即日実行、また、公定歩合は年5%に。
また、声明でFF金利は、なお低いと認識を示し、0.25%刻みの利上げの継続を表明。
これにより、円安が進み、ドル当たり116円87銭になった。
米国の生活水準維持の利上げ、ドル切り上げ政策と感じた。人民元・円高は、一層の貿易赤字を生じ、表では、ゆるやかな人民元の切り上げを期待と表明しているが、人民元が、急激に上がれば、インフレの再燃で、ガソリン不足の時みたいにパニック。生産拠点が、中国からインド・東欧・ロシアに移る程度で、貿易赤字は変わらない。
ドル高が長く続くと人件費が響き、製造業の衰退を招く。バランスが難しいです。

ガソリン高のために?、米国新車販売大幅ダウン。(前年度比)
GMが、   -25.6% 252207台。27.19ドル 0.21安
フォード   -26.1% 184493台  8.22ドル 0.10安
トヨタ    +1.3%  173086台 5350円   60円安
クラウスラー -3.1%  164814台 49.40ドル 0.65安
ホンダ    +0.4%  110895台 6390円   30円安
ニッサン   -16.5%  72279台 1192円   21円安

この販売量は、7年ぶりの低水準、大型のSUVやトラックの不振が目立つ。
トヨタのランドクルーザーも50%以上減少。
日産はボロボロで、大型RVのタイタンが不振、前年度比30%のダウン。一年間米国での新型車の販売が無い、これが響いてる。
また、国内販売も前年度比19.1%減少。
株価1150円割るのかと心配。トヨタ、中間決算が、4日発表、これと円高に期待。

鉄鋼株、好決算で、株価の出遅れ感があるが、信用買いの残が問題。とのコメント有り。新日鉄12円高428円。住友金属14円高417円。JFEも50円高の3680円。
今後に期待です。

気になることで、PCのデル不振。
理由が気になる、クリスマス前の買い控え?、PC販売価格の低下?それとも、デルの競争力の低下? デル型経営モデル衰退??
(IBMのPC部門を買収したレノボは、13%の利益増。)
松下、中村社長の恐れていた価格破壊の中国製薄型TV、年間生産量2000万台の計画。中国内での42型のプラズマTVの価格が、14万円、松下の目標価格(3年先)が、21万円です。今後注目。
by mytam | 2005-11-02 21:54