人気ブログランキング |
2005年 11月 14日 ( 1 )
新型インフルエンザ行動計画?
NHK7時のニュースで、新型インフルエンザ行動計画の発表を行っていたが、感染状況が、最悪時には、全人口の25%が新型インフルエンザに感染すると想定し、治療薬タミフルの備蓄を2500万人分を確保する計画。
納入先に保管料を支払い確保する計画。(買取ではない)
また国と都道府県で、半分つづを計画だが、48都道府県の内、在庫を持っているのは4県のみ。今後は、国の補助金などを考え行動する計画。
タミフルは、日本では、中外製薬が販売。製造単価は、判りませんが、2500万人分の在庫は、保管料と薬の単価が良くても、経営的には疑問。
株価は、10月を境に急騰していますが、感染が広がらず、減益を期待。

明日、日本郵船も中間決算発表、これ如何で、船舶関連株価の見通しが決まる、三菱自動車株を即座に売り飛ばした、ゴールドマン・サックス証券が、商船三井の格付けをOPと据置て、”定収益源をもつ事業構造を悲観に転じる必要はない”と説明しても、株価は、少下落の様子見模様。日経の予測は、9月中間経常利益は、郵船・商船三井が最高益でしたので、発表前に、両者とも買いたいが、・・・・・・。

自動車関連株と鉄鋼関連株、11日のNY市場と逆の展開になり、ガックリ。
トヨタ10円安の5320円、ホンダ50円安の6260円、ニツサン6円安の1165円。
ニツサン株ロスカットするか思案中。1140円で考えていまが・・・
JFEは、70円安の3860円、新日鉄は、9円安の411円、住友金属は、13円安の415円。

今週18日に、三洋電機の決算発表予定、配当利回りは良いですが、決算発表日、目標に空売りが増える?。
アナリスト野中女氏をCEOにすえ、経営改革を断行する予定だが、空回りしている様な感じを受け、再建策が見えてこない。
アナリスト出身経営者は、身近なクレジット部門を手放さなく、部門別な切り売りで対応し、総合家電として残る道になると思う。
それで、再建できれば問題が無いのですが、・・・・・。
by mytam | 2005-11-14 22:02