人気ブログランキング |
2005年 12月 14日 ( 1 )
FRB、FF金利を4.25%へ
連邦公開市場委員会で、短期金利の誘導目標を0.25%引き上げ、年4.25%とし、それを全会一致で決定、実施。公定歩合も0.25%引き上げ、年5.25%となった。
これで、日米の金利差はさらに広がったが、何故か?東京外国為替市場ではドルが急落し、1ドルが118円台。
これは、FOMCや日銀短観など主要イベントを終えたことで、利益確定のドル売りが先行したと言われている。
ドル売りは、主に海外ファンドなどで、一部に損失確定の売りを出すストップロスを巻き込んだため、円高になった。?
日銀短観で、事前予想を下回り、内容的には円売りで、また、円金利が上がっているわけでもないときに、円が上昇した結果から。

トヨタ自動車、前日終値より100円安の5800円。
弱気のドイツ証券の投資判断が、”買い”になり、目標株価7200円とした。
また、収益は再び拡大局面に入っており、1ドル=110円を前提にしても、07/3期以降、営業利益で2ケタ増益が続くと予想。(フィスコより)
しかし、円高による収益下振れ懸念で下落。

日産自動車、前日終値より2円安の1212円。
11月の欧州新車販売台数、中核市場の英国が販売低迷のため、30%近い減少、米国販売でも3.9%減と伸び悩む状況で、円安進展のみがプラス材料でしたが、為替が逆の展開、株価の行方が・・・・・。
新日鉄と同様で、出遅れ株ですが。

新日本製鉄、前日終値より15円安の428円。
またしても、440円台は2日で、終わり?
午後に3カ年中期経営計画を発表、最終年度までにの売上高4兆2000億円、経常利益5000億円以上を目指す方針。
設備投資・投融資を向こう3年間で8500億円程度かけて、また、財務体質改善の両立を図るため、連結配当性は、15~20%とJFEと比べると少ない。
これを受けて利益確定売りが加速し下落。

住友金属工業、前日終値より20円安の472円。
シームレスパイプの大手で、アラブ産油国に人気がある。これが、新日鉄との差。
by mytam | 2005-12-14 22:04