人気ブログランキング |
2006年 07月 03日 ( 1 )
日銀短観、1ポイント改善。
ゼロ金利、8月までに解除が、殆ど決定。
その金融政策決定会合は7月は13、14日、8月は10、11日に予定している。
短期金利を現在の実質ゼロ%から0.25%程度に引き上げる見通しで、景気の上振れ懸念を払拭し景気回復を安定軌道にのせる方針。

日経平均は、短観の影響で小幅上昇、ロウソク足は、陰コマで、弱い踊り場を示している。しかし、新興市場のIT関連は、大幅上昇、楽天などST高。

eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:34%(前日比-3%)6月30日
新規買い指数** :48%(前日比-5%)
前場は日経コール買い、後場は幅広くコールの利食い売り目立つ。
(ワラント債では、30日の大幅上昇も半信半疑)

フィスコの黒岩氏は、短期的には目標達成感、一旦下値を試す展開か
日経平均は本日の上昇で、窓の大半を埋める形、限界値には達した様子。一旦戻り売りを出す局面、一時的に下ブレを想定。下値メドとなるのは下方に空いている窓(15137.58円-15333.10円)、約300円程度の下落余地としている。
(米国は、4日が独立記念日で、週末と併せ殆ど4連休、積極的な買いは無いと見ている。)

朝の外資系証券の注文状況は、売り3100万株、買い3670万株、570万株の買い越し。

前場寄り付き前の注文で、主な買越銘柄は三洋電95万株、ニッシン51万株、長谷工49万株、新日鉄42万株、ホンダ26万株、三菱商25万株、JFE22万株、ソフトバンクとソニーが16万株、NTTドコモ4500株、オリックス3320株、三井住友FG1570株、みずほFG1240株、ヤフー1000株、三菱UFJ840株。
一方、売り越しが目立ったのはJAL272万株、双日18万株、日産自14万株、セブン&アイ11万株、インボイス4320株、SBI350株など

東証1部の後場寄り付き前の成り行き注文で、主な買越銘柄は住金35万株、ソフトバンク15万株、NTTドコモ1450株、りそなHD890株、みずほFG430株、三菱UFJ270株、ヤフー200株。
一方、売り越しでは双日17万株、インボイス5530株、SBI150株。

楽天 ST高。材料を探しているが、無い。強いてみれば、TBSとの協議期間を7月末まで延長、位かな?
今日後場で、空売りを賭けたら、ST高。^^;
金曜日の展開がトラップだったのかな??サイバーエージェントも同様。

日産 7円続伸。 ルノー・日産グループが米GMと資本提携協議に入る見通しと報じられている。負担増加を警戒するよりも、ゴーン氏の再生能力も背景となって、シナジー効果やグループのスケールメリットなどを期待した動きが先行へ フィスコ

GMのリストラ過程で、エンジン提供によるロイヤルチィーなど収益獲得の可能性がありそうとの指摘されている。 野村證券
(この提携話で、一番メリットがあるのは、トヨタでしょうね、まさに漁夫の利)

ソフトバンク 営業日続伸で6/16の直近戻り高値突破。昨年12月末の高値期日通過で、期日向かいから期日明けによる需給改善期待を手掛りに。目先的には三角保ち合いを下放れた5月末水準の2800円処が目先的なターゲット フィスコ
(フィスコが、SBを押すとは、珍しい。SBと窓チャートとの整合性は良いので買いですね)

◎ サイバーエージェント   184000円  7000円   MACD↑ RSI 70%
◎ E・トレード証券      166000円  13000円   MACD↑ RSI 75%
◎ クレディア          1230円  50円  MACD↑ RSI 28%
◎ アーバンコーポレイション  1423円   41円    MACD↑  RSI 55%
◎ フジクラ            1315円   52円  MACD↑ RSI 75%
◎ SBI            52800円 2300円  MACD↑ RSI 82%
◎ ソフトバンク          2700円  135円   MACD↑ RSI 80%
◎ 東芝              750円   3円  MACD→ RSI 75%

明日の注目は、日産、楽天、キヤノンとOSGです。
by mytam | 2006-07-03 21:58