人気ブログランキング |
2006年 07月 06日 ( 1 )
NY原油が最高値更新。
テポドン2の発射を受けて、国際情勢の不透明感から原油先物相場が大幅上昇。
一時、1バレル=75・40ドルをつけ、史上最高値を更新。
インフレ懸念の再燃で、7(金)に発表される米6月雇用統計、これが問題。
これらを考えると、明日は、様子見の弱含な展開となりそうです。
(丁・半、博打で、明日の終値で、売り買いを狙うと面白いかも?。)

ロウソク足は、窓を空けた両ヒゲ陰線、弱い相場を示しています。明日、窓を開け寄り付けば、三空となり、三空陰線買いとなります。結果は???。

eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:35%(前日比+2%)7月5日
新規買い指数** :35%(前日比-9%)
日中は、コール売り、プット買い目立つ。夜間は米国株下落を受け日経プットの買い急増。
(テポドンショックですか?、インフレ懸念にならなければ問題はないが。)

フィスコの黒岩氏は、危機的な状況は続く。
日経平均は下値支持線である5日移動平均線(15512.12円)を割り込んで、下方の窓へと下落しており、このラインを死守できるかが焦点。
この下落が短期的な調整なのか?、それとも本格的な下落の入り口なのか?は、25日移動平均線(15053.53円)を割り込むかどうかで決まる。
(週末の米雇用統計しだいですね)

朝の外資系証券の注文状況は、売り3480万株、買い2680万株、800万株の売り越し。

寄り付き前の注文で主な売越銘柄は、双日23万株、ニッシン18万株、トヨタ14万株、野村とセブン&アイがそれぞれ11万株、オリックス9290株、インボイス4450株、NTTドコモ3750株、SBI1460株、三菱UFJ1200株、ヤフー130株。
一方、買越銘柄で目立つのは新日鉄109万株、日立52万株、日産自16万株。

後場寄り付き前の注文で、主な売越銘柄は双日25万株、インボイス1000株、SBI530株、NTTドコモ370株、三井住友FG290株、三菱UFJ200株。
一方、買い越しでは日立47万株、ニッシン11万株、みずほFG180株

日立製作所 大口買い?。米国にて、石炭火力発電の受注でかな?
浜岡発電での、ターピンプレードのクラック問題、中電から損害賠償の筈、マイナスのイメージが大きいが、何か他に良い材料があるのかな??

任天堂 クレディ・スイス証券では、2006年4─6月期(07年3月期第1四半期)の営業利益が「会社側では前年同期比2.66倍の約100億円に達することに自信を持っている」。ここが、買っているようですね。日本株比率を6%から10%へ。
大証金残の回転日数3.60日、オーバーヒート。逆日歩も0.05円と収まった。
明日の展開が楽しみですね。(逆日歩の力は、すごいですね)

イー・トレード 逆行高?。6月の月間売買代金が5ヶ月ぶりに前月比プラスとなったことも支援材料??。5月は、休みが多かったので、当然と思いますが?。
また、チャート妙味もあり、短期資金を呼びやすい、との声がありますが、90台での強・弱レシオのクロスでは、??。

日産 GMの経営陣は、7日に開催する取締役会で、仏ルノー、日産自動車との3社提携案に対する反対意見を出す予定。
ワゴナー会長などの経営陣は、最大株主トラシンダが提案した3社提携案をGM経営陣に対する敵対的動きとして取り扱おうとしている。
しかし、3社提携案を無条件に排除するつもりでなく、実現可能性調査に着手として、取り扱おうとしている。
(ゴタゴタが始まろうとして、マイナスイメージ)

○ サイバーエージェント   182000円  5000円   MACD↑ RSI 70%
○ E・トレード証券      171000円  5000円   MACD→ RSI 70%
○ クレディア          1207円  -8円  MACD↑ RSI 30%
△ アーバンコーポレイション  1467円  -50円    MACD↓  RSI 35%
△ フジクラ            1291円  -11円  MACD↓ RSI 60%
△ SBI            51200円 -500円  MACD↓ RSI 65%
△ ソフトバンク          2575円 -80円   MACD↓ RSI 60%
○ 東芝              757円   -4円  MACD↓ RSI 60%

注目の任天堂は↑、日産、、日立ソフトウェア、オリックスは↓。

明日の注目は、日産、任天堂、UFJニコス、日立。
by mytam | 2006-07-06 21:52