人気ブログランキング |
2006年 07月 29日 ( 1 )
減速感で、株価上昇?
NYダウは、昨晩発表された4-6月期のGDPの伸び率が、2.5%と低く、予想の3.2%を大きく割れた結果、FRBの利上げ見送り観測が勢いつき、119ドルもの大幅上昇となり、為替で円が急進し、114.6円となっている。

今一、吹っ切れない感じがするが、月曜の日経平均は、内需関連を中心とし、大幅上昇が期待できると思う。
(景気減速感で、株価が↑?、注目すべき点は、設備投資の失速感との指摘もある)

来週話題になる株式??

北越製紙 8月7日が、払込日なので来週中には結論がでると思われる。1株860円。TOB不発なら、株価は下落でしょうね。
M&Aの手数料がなくなるので、一番の痛手は、野村證券かも知れませんね。
チャート的には、RSIが80を越し、うまみは無い。王子製紙のほうが、RSIが55で、面白いかもしれませんが、TOBが始まったら、下落でしょうね。

トレイダーズ証券 ST高の夜、減益の赤字発表。2006年9月中間連結決算予想=当期損失は1.20億円、赤字に修正。
チャート的に見ると、RSIが、株価が下落しているにも関わらず↑、売りですね。

日立ソフト G・S證券の強い売り推奨銘柄、金曜日に141円もの大幅上昇。
1/4Q連結決算で営業、経常、最終いずれも黒字転換。(売上げは、少しマイナス)
J.P.モルガン証券が「アンダーウエート」から「ニュートラル」
みずほ証券が「4」から「2」に格上げ。
チャート的には、RSIの下値も切りあがり、MACDも上昇基調に変換、今が買い場のシグナル、どうなりますかね?

ダイエー 産業再生機構から、丸紅が一株1050円で、種類株を買い取り、来年5月以降は、普通株として売買が可能。
メルリンチの見解は、ダイエーの内部者同士が、この価格で取り引きした事は、市場価格が割り高だとしめしたことになる。と指摘。

一休 06年度第1四半期単体決算=当期利益1.63億円、前年比+15.3% と伸び悩み。
野村證券の買い推奨銘柄。
チャート的には、RSIの上値が、気に入りませんが、MACDは上昇基調。
これも乱高下しそうですね。
by mytam | 2006-07-29 23:27