2006年 11月 13日 ( 2 )
簡単に、16000円割れ。
弱いですね、明日のGDP値発表で、悪材料で出尽くしとなって欲しいものです。
日経平均、終値は90円安の16022円と、11月のSQ値を割っている、ロウソク足は、十字線で、トレンドの転換を期待したいが、ボリンジャーバンドは、収縮時にー2δをオーバー、下落幅の拡大を示す形、逆に、一目均衡表では、雲により下値をサポートしている、明日の株価で結果は出ますが、RSIは最悪の形なので、明日、反転の期待は、・・・・。
 
 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:68%(前日比+0%)
新規買い指数** :27%(前日比-1%)
前場は任天堂コール売り多い。夜間はコール、プットともに手仕舞い売り多い。
(レシオ値、動きませんね。)

フィスコの村瀬氏は、TOPIXを横目で睨みながら個別対応

 日経平均は4営業日続落。裁定解消売りが警戒されていることもあり、日経平均は売り先行スタート。
TOPIXは9月安値に接近してきている。また、銅価格など商品市況が軒並み下落していた影響から、非鉄、鉱業、石油など資源株が指数を下押しさせている。
 大手銀行株については、明日のあおぞら銀行上場通過で目先的な底打ち感が出てくる可能性はある。
 GDPに関しては、機械受注の影響等もあってか、下振れは相当織り込んでいると考えられるため、売り方の買い戻しのきっかけになるかが注目される。
 テクニカル的にはTOPIXは下方転換シグナルを発生している訳であり、目先的には9月安値で下げ止まるかが意識されるところ。
 日経平均は、16000円割れは相当意識されていたところであり、本日までの下げにはそれ程驚きはないと考えられる。ただ、日経平均は支持線はサポートとしたが、本日で下方転換シグナルを発生、上昇を続けていた国際優良株にもハ行色。
 そのため、大手銀を中心としたTOPIXの底打ちを確認するまでは、リバウンド狙いの買いも入れづらい。
(明日は、銀行株をチェックし、GDP値発表後の反転を期待したいと言う事ですが、・・・・。)

 朝の外資系証券の注文状況は、売り2590万株、買い2870万株、280万株の買い越し。
 
 寄り付き前の注文で、主な売越銘柄は日立造44万株、NISと日産自がそれぞれ21万株、ソフトバンク17万株、ブリヂストン11万株、松井10万株、ヤフー3060株、NTTドコモ2970株、フェイス2370株、インボイス2150株、りそなHD800株、SBI590株、みずほFG140株。
 一方、買い越しはまばらで目立った銘柄はなかった。

 後場寄り付き前の注文で、主な売越銘柄はフェイス3200株、オリックス2290株、アイロム1760株、りそなHD520株、NTTドコモ300株、ヤフー270株。
 一方、買い越しでは、いすゞ41万株、SBI210株、みずほFG120株など。

セガサミー 160円安の2820円 通期見通しを下方修正で、下落している。
市場では、悪材料出尽くし感から押し目を買う向きも多い様子としているが。
フィスコは、窓を空けて下落して5日移動平均線(2971円)を割込み、11/8に付けた年初来安値(2870円)を更新している。出来高は落ち着いた水準で目立つ下落への抵抗感は出ておらず、下値模索の展開の継続が見込まれる。

ソニー 20円安の4690円 PS3の販売で小幅高。きょうは部品生産の遅れよりも人気ぶりから今後への期待感が先行して買われたと言われている。

任天堂も90円高の25420円とゲーム関連株は、比較的堅調な動き。
フィスコでは、ソニーのPS3が順調なすべり出しを見せ、Wiiへの期待が高まっている。5日移動平均線からの上方乖離を拡大する強さで、連日の年初来高値更新となっており、上値追いの展開の継続が見込まれる。

ファーストリテイリング 230円安の9990円 ここまで落ちるかなと思うほどの下落。
ボリンジャーバンドの収縮時のー2δは、怖いですね。(教科書の様な形)
追い討ちで、C・S証券が、投資判断をA→B。理由について
(1)業界全体の平均PERが、切り下がり投資指標の面で割安感が薄らいだ。
(2)10月の販売が気温の上昇で予想以上に苦戦。

楽天 3950円高の47350円 一時ST高。メリルリンチ証券が、強気に変更なしとの見解を示し、目標株価75000円を継続。これと、ドコモと展開する楽天オークションの発表を期待し、買いが集まった??。
何処かの機関投資家が、中間決算発表後の悪材料出尽くし感を期待し買い集めているのかな?

ミサワ・HD 90円安の3210円。先週末同社は10日に予定していた決算発表を延期すると発表。子会社のミサワホーム九州が監査法人から住宅の売り上げ計上時期に問題があると指摘されたため。これにより先行き不透明感や不信感などから売り優勢。現時点では新たな決算発表日は未定であり、今後決まり次第発表すると・・。
(一度は、反動高を期待できますが、再建途中なので、後は、叩かれるますね。)
[PR]
by mytam | 2006-11-13 23:04
今週の見通しは?
日経平均、16000円割りは有ると思う、福井日銀総裁のコメント次第では、最悪15500円割れも視野に。GDPは、マイナスとの話があり、その時の日銀短観が、場違いなことを記述すれば、資金が一気に穀物(大豆、小麦、トウモロコシ)取り引きへ向かってしまう感じですね。
 FRBは、米国の株高を、クリスマス商戦が終るまで持続させ、原油も安定させる政策に感じますし、穀物相場の高騰は、米国経済にプラスに働し、民主党の政策のバイオ燃料にも繋がり、数少ない外貨獲得手段ですから、今からは、穀物相場がブルかもしれません。
(日銀は円キャーリーで、これへの資金流出を一番恐れているのかも知れませんが)

 為替取り引きは、円が、売られやすい地合い。1ドル=116円~118円
14日に発表のGDPの速報値が、前期比+1%との予想が多い??。これを下回れば、円売りが強まる。
 りそな銀行の小林氏は、
7-9月期のGDPは、成長鈍化を示す結果が出ると予想している。日銀の年内利上げ観測が後退し、円が売られやすい局面があるだろう。
(これが多数意見だが、少数意見として、福井日銀総裁の発言が円の上昇要因となるとの説もある。)

 株式の方は、景気動向にらみ神経質な展開
景気回復の踊り場を示す、指数が相次げば、日経平均16000円台を維持できるかが焦点。GDP値が、実質ベースで前期比+0.2%の予想が多いが、これをマイナスすると市場心理がさらに冷え込むとしている。
 野村証券の伊藤氏は、(少数意見)
中間決算で通期見通しを上方修正した銘柄に資金流入は続くかが焦点。
相場全体は、方向感を欠くが主力株に見直し買いは入れば、底堅く推移。
(多数意見は、不透明感の地合が続き、見送りムードで、16000円割れも)

先週のレ-ティング(11月05日~11月10日)

[ドイツ証券]
11-08 新 規   A <2717> ウエルシア関東       4,600円
11-10 据置き   B <7733> オリンパス    3,160→ 3,880円
11-10 据置き   B <9984> ソフトバンク        2,100円

[C・S証券]
11-07 新 規   A <3050> DCMジャパン        2,000円
11-07 引下げ A→B <1893> 五洋建設        180→ 145円
11-07 引下げ A→B <6861> キーエンス     34,500→ 26,000円
11-08 引下げ A→B <7733> オリンパス          4,000円

[JP・M証券]
11-07 新 規   A <6727> ワコム          350,000円
11-07 新 規   A <8890> レーサムリサーチ     283,000円

[M・S証券]
11-09 新 規   A <7278> エクセディ          4,500円

[メリルリン証券]
11-07 据置き   A <2383> 日本エイム           32万円
11-07 据置き   A <6807> 日本航空電子     2,000→ 2,300円
11-09 引上げ B→A <7518> ネットワンシステムズ     22万円

[G・S証券]
11-06 新 規   A <4966> 上村工業          10,300円
11-06 新 規   A <6768> タムラ製作所          700円
11-07 据置き   A <4817> ジュピターテレコム 96,100→107,300円
11-07 据置き   A <7013> 石川島播磨       400→ 440円
11-07 据置き   A <7456> 松田産業       3,000→ 3,400円
11-08 引上げ B→A <7202> いすゞ自動車     420→ 540円
11-08 据置き   A <8515> アイフル           7,300円
11-10 引上げ C→A <9751> TIS  
11-10 据置き   B <4922> コーセー      3,800→ 3,500円
11-10 据置き   B <6961> エンプラス     1,900円→2,000円

[UBS証券]
11-08 引上げ C→B <6592> マブチモーター       7,000円
11-09 引上げ B→A <8253> クレディセゾン   5,700→ 4,600円
11-10 引上げ B→A <4680> ラウンドワン         50万円

[みずほ証券]
11-06 据置き   1 <7261> マツダ        900→ 1,100円
11-07 引下げ 2→3 <9875> マツモトキヨシ
11-10 据置き   1 <5367> ニッカトー
11-10 据置き   2 <4114> 日本触媒           1,600円
11-10 引上げ 3→2 <6869> シスメックス
11-10 引上げ 2→1 <8281> ゼビオ            4,300円

[三菱UFJ証券]
11-07 引上げ 2→1 <4553> 東和薬品      3,250→ 3,650円
11-08 引下げ 2→3 <2780> コメ兵
11-08 据置き   4 <4751> サイバーエージェント
11-09 引上げ 3→2 <3404> 三菱レイヨン
11-10 引上げ 3→2 <6976> 太陽誘電

[大和総研]
11-06 引上げ 3→1 <3401> 帝人
11-06 据置き   2 <6902> デンソー         4,800円
11-06 据置き   2 <6952> カシオ計算機   2,500→ 2,700円
11-08 据置き   1 <4680> ラウンドワン
11-08 据置き   1 <5201> 旭硝子
11-08 引上げ 3→2 <5938> 住生活グループ

[野村證券]
11-06 据置き   1 <7860> エイベックス
11-06 引上げ 3→2 <4205> 日本ゼオン
11-06 引上げ 3→2 <5191> 東海ゴム
11-07 据置き   1 <6135> 牧野フライス工業
11-07 据置き   1 <6366> 千代田化工建設
11-07 新 規   2 <6137> 小池酸素工業
11-07 引下げ 2→3 <2607> 不二製油
11-08 引下げ 2→3 <2914> JT
11-08 据置き   2 <5802> 住友電工
11-08 据置き   2 <9831> ヤマダ電機
11-09 据置き   2 <1925> 大和ハウス
11-09 据置き   2 <7701> 島津製作所
11-09 据置き   2 <7911> 凸版印刷
11-09 据置き   2 <8591> オリックス
11-09 据置き   2 <9375> 近鉄エクスプレス
11-10 据置き   1 <4005> 住友化学
11-10 据置き   1 <6302> 住友重機
11-10 据置き   1 <6756> 日立国際電気
11-10 引下げ 1→2 <6963> ローム
11-10 引下げ 2→3 <3941> レンゴー

ソニー 70円安1670円 支持線を下回っており、短期的に株価は下降すると思われます。短期的な売り建てに適していると言えるでしょう。中長期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。中長期的な取引については、しばらく様子見。

任天堂 730円高の25330円 短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや上昇傾向。この銘柄を買っている場合は、短期的にはこのまま保有。同様に、中長期的にも株価はやや上昇傾向で推移。この銘柄を買っている場合は、中長期的にもこのまま保有。

スクウェア・エニックス 50円高の3090円 抵抗線を越えており、短期的に株価が上昇すると思われます。短期的な取引では、買いに適していると言えるでしょう。中長期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。中長期的な取引については、しばらく様子見。

三菱商事 10円高の2175円  短期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。短期的な取引については、しばらく様子を見た方がいいと思われます。中長期的には株価はやや下降傾向で推移しそうです。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有

三井物産 4円安の1595円 短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや上昇傾向で推移しそうです。この銘柄を買っている場合は、短期的にはこのまま保有し続けた方がいいでしょう。一方、中長期的には株価はやや下降傾向で推移しそうです。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。

丸紅 5円安の578円 支持線を下回っており、短期的に株価は下降すると思われます。短期的な売り建てに適していると言えるでしょう。中長期的にも株価はやや下降傾向で推移しそうです。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有

伊藤忠 20円高の942円 短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや上昇傾向で推移しそうです。この銘柄を買っている場合は、短期的にはこのまま保有し続けた方がいいでしょう。中長期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。中長期的な取引については、しばらく様子見。

住友商事 17円安の1540円。短期的にはあまり大きな値動きはないでしょう。短期的な取引については、しばらく様子を見た方がいいと思われます。中長期的には株価に不安定な動きが予想されます。この銘柄を買っている場合は、中長期的には売りを検討する時期。

ヤフー 850円安の41500円 支持線を下回っており、短期的に株価は下降すると思われます。短期的な売り建てに適していると言えるでしょう。中長期的にも株価はやや下降傾向で推移しそうです。

楽天 1800円安の43400円 短期的に株価はこのままの水準かもしくはやや上昇傾向で推移しそうです。この銘柄を買っている場合は、短期的にはこのまま保有。一方、中長期的には株価はやや下降傾向で推移しそうです。この銘柄を売り建てしている場合は、中長期的にはこのまま保有。直近での株価の不安定な動きには注意。

(ソニーの新ゲーム機PS3、報道は盛り上がっていますが、株価は沈黙。ソニー買い・任天堂売りのスプレット取り引きを仮想的にチェック、逆転を期待。(Will発売後かな?)スクウェア・エニックスの信用倍率、0.13倍、逆日歩が1.5円付きます、GDP発表で、底に向かったとき、買いかもしれません。商社株は、穀物相場を期待し)
[PR]
by mytam | 2006-11-13 23:03