人気ブログランキング |
2007年 05月 05日 ( 1 )
MSとYAHOOとの思惑。
米国雇用統計、8万8千人増と役2年半ぶりの低い数値になったにも拘らず、NYダウは、23ドル高の13264ドルと上昇し、CMEは、17615円となり、5月は三角合併の思惑の幸先良いスタートが切れそうですね。
 話題は、米国ヤフーとMSNの合併との思惑、昨年来から何度も協議を重ねて、何度も思惑が浮上してきたが、今期の決算発表でグーグルとの差が、歴然としてきたため、MSの方に危機感が生じ、ヤフー買収に信憑性が表れ、米国ヤフーの株価が、一時は18%も高騰し、このM&Aの思惑で、米国経済の減速感を表した統計結果でも、NY市場は、全般的に株高になっている。
 ただ、連日の高値更新で利益確定売り出、指数は下げに転じる場面もあった、結果的に、M&Aの相次ぐ表面化が投資資金の市場への流入観測を強め相場を押し上げた。
(M&Aも思惑の中心は、メディアや情報関連分野で、ロイターやダウ・ジョーンズなども。)

 MSによるYAHOOの買収報道は、思惑先行の感が強く、米紙ウォールストリート・ジャーナルは四日夕、MSとYAHOOが進めていた合併交渉について、関係者の話として「もはや動きがない」と報じ、交渉が事実上進展がないまま終了したことを伝え、一年前にも両社が交渉して進展がなかったが、今回も再び不調のまま終わったという。両社はそれぞれ同日午前、「うわさと憶測にはコメントしない」としていた。
 
 休み明けは、寄天の感が強く、FRBの会合もあることで、重い流れと、思惑手仕舞いでの17400円±200円の動かな?。
 思惑に反したら、即座に損切りですが、狙うならヤフーより、SBの方が、面白いかも知れません、寄天での空売りとその反動底狙い。
 
 ダブルクリック、米国の同名社をグーグルが買収との事で、人気を要しているが、資本的には関係が無く、ババ抜きゲーム感も。
 狙うならロイター関連で、オールアバウトと思ったが、遅かった感じですね^^;
また、PER=60倍では、買い辛い。
 このM&Aへの思惑で、再度ネット系企業に脚光が浴びることは、新興市場の活性化になりプラス、また、SBI・HDへの思惑買いを期待したい^^;。

ブリヂストン ネガティヴなニュースがあり、世界的な談合摘発。
 米司法省は3日までに、石油をタンカーから貯蔵施設に移す際に使われる「マリンホース」の販売をめぐる国際的な価格カルテルを結んでいた疑いで、ブリヂストン本社の化工品海外部部長、日置操容疑者ら日欧6社の計8人を逮捕、6社は少なくとも1999年から米国フロリダ州やロンドン、バンコクなどで、入札情報の交換や落札者の選定などの談合を繰り返していた。談合の仕切り役は、英コンサルタント会社で、各メーカーは調整の謝礼として年約5万ドル(約600万円)を支払っていた。
 この手の話は、外資は嫌いますから、短期的には中立、長期では売られる可能性が?。
by mytam | 2007-05-05 17:22