人気ブログランキング |
2008年 02月 07日 ( 1 )
レスポンスが軽いのか
下落は、一気に行きますね。^^;
SQの攻防が、13000円と見通したような、先物での崩しで、日経平均、649円安の13099円と暴落。
 ポールソン財務長官も、なすすべが無い感じで、金融機関に対する資本注入しか対策は無いと発言はしているが、米国閣僚の中では、力が無いのかな?、未だに、サブプライムローン問題に対する、公的機関からの金融機関へ資本注入と、債権買い上げ機構が決まっていない。
 今回の下落は、モノラインへの資金注入の概算が判れば、反発すると思うが、GS証券のシナリオでは、景気が2008年後半に加速したあと、2009年前半には財政刺激効果の剥落と共に再び失速する、「二番底」との見通しを立てている。
 その二番底の時期は、、政権が変わり金融引き締めが一番し易い時で、FRBも政策の転換点と見ていた筈でしたが?。
 
 そして、日本株の数少ないサプライズは、金融緩和で、インフレ率がプラスに転じる中での金融緩和は、デフレ下で「実質」金利が高止まったゼロ金利政策・量的緩和政策期とは対照的に、「実質」マイナス金利政策に繋がる可能性を秘めている。
 金融緩和の有効性を疑問視する市場の見解とは逆に、今回の局面におけるゼロ金利政策は、資産価格に対する影響も含め意外に有効かも知れない。と暗に、日銀政策を批判しつつ、今度のG7で、金融緩和の道筋を作る予定かも知れません。
(福田氏、危機感があるのかな??、また、韓国は、切り替えしていますね。)

 旧正月で、中国の駐在員が、帰ってきており、現地の景涼感は悪くは無いが、人民元が香港元に対し上がり、日本人給与が目減りしていると嘆いていた位で、米国向けのコンテナも多く動いおり米国の減速感も感じないと語っていたが、ISM非製造業景況指数は、41.9ポイントと悪い数値。
 悪さの実感が無いために、逆に、恐怖感となり売られたのかな??

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:62%(前日比+5%)2月5日
新規買い指数** :15%(前日比-3%)
金リンク債CALLの手仕舞い売り目立つ。ミツミ電機CALLは買い多い。夜間に米国株が急落すると日経PUTの利食い売り増える。

フィスコの村瀬氏は、指数は下振れ警戒も個別対応ではポジションを取りやすく

 日経平均は大幅下落し、646.26円安の13099.24円と終値ベースでは1月28日以来の13100円を割り込み、安値で取引を終えている。
 景気後退懸念の強まったNY市場の下落影響から幅広い銘柄が売り気配からのスタートとなっている。
 売り一巡後には買い戻しや押し目買いなどから下げ渋りをみせる銘柄も目立っていたが、香港市場の動向などが気掛かりとなり、前引けにかけて先物主導で下げ幅を広げていた。
 後場に入り下を試した後にリバウンドの動きを強める場面もみられたが、結局短期的な商いにとどまっており、先物市場での大口売りの影響などから大引けにかけて下げ幅を広げている。
 
 前引けにかけての下落後は、13100-13200円レベルでの膠着相場となっているが、明確な底打ち感が見られない中では押し目買いムードも強まらず、様子見を強める
動きが優勢であったようだ。
 ただ、トヨタが売り先行で始まったものの、プラスレンジで取引を終えているほか、ニコンが終日強含みで推移、三菱重も決算評価からプラスに転じるなど、個別には強い動きをみせているものもある。また、直近上場銘柄など新興市場の中小型株などの一角も値幅取りの動きが強まっており、指数が弱い動きをみせる中でも現物では底堅さが窺えた。
 
 香港市場は連休を控えた半日取引となるため、ポジション調整による影響も後場寄り付き直後で通過するとみていたほか、中国市場の動向といった警戒要因がなくなることで売り一巡後のリバウンド狙いの動きが強まることを想定していたが、反対に手掛かり要因が無くなることで先物市場でも仕掛けづらい展開となってしまっている。 指数としては直近安値が意識されてしまっていることから手控えムードは一段と強まる可能性が高まってしまった。
 しかし、個別対応では下値の堅さや持続性など、ポジションを取りやすくなっているため、材料株や好業績、好需給などに限られるとは言え、これらを手掛かりにした物色は続きそうである。 

 朝の外資系証券の注文状況は、売り5750万株、買い1990万株、差し引き3760万株の売り越し

オリックス ST安 第3四半期決算を発表し、10-12月期経常利益は491億円で前年同期比48%減益、通期では3530億円の従来予想から2610億円に減額修正したため、GS、野村、三菱UFJなど投資判断の格下げが相次いでいる。
 このため、寄らずのST安といなっている
by mytam | 2008-02-07 07:46