人気ブログランキング |
2008年 03月 01日 ( 1 )
又もやゼロラインで・・・。
日経平均のMACD,12月のリバイバルの形になり、ゼロラインで、跳ね返されいる。
 NYダウは、112ドル余りの下落でしたが、為替で円高に振れているため、日経平均は売られ、322円安の13603円と25日移動平均線まで売られているが、一応、5日移動平均線は上向きなので、トレンドとしては、中立。
 また、月足は、日経平均の60ヶ月移動平均線に、サポートされた形となっているので、多少は期待はありますが、週足は、メチャ悪い。
 救いは、一目均衡表の基準線が平らなので、トレンドとしては、中立と。^^;
ただ、個別株は、かなり厳しい形、トヨタのロウソク足が、十字線となり、この為替が円高に振れている時の迷い線とは、月曜のロウソク足には、興味があります。
 また、東芝、DMIの割りに、MACDの形が悪いので、どちらかが、ダマシですよね、75日移動平均線に頭を抑えられた嫌な形は形ですが、結構強い感じもします。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:56%(前日比+4%)2月28日
新規買い指数** :25%(前日比+8%)
日経PUT売り、日経CALL買い活発。コモディティeワラント取引増える。

フィスコの村瀬氏は、週明けに仕切り直し

 日経平均は大幅下落し、322.49円安の13603.02円。
 NY市場ではバーナンキFRB議長が一部の銀行が破綻する可能性があるとの見解を示し、リセッションは避けられないとの見方が膨らんだことが嫌気された。これを受けてシカゴ225先物は大証比200円強の下げとなっていた影響もあり、幅広い銘柄が売りに押されている。
 特にこのところ買い戻し主導でリバウンドをみせていた金融セクターが総じて週初からの上昇分を打ち消してしまい、昨日のノンバンク4社の統合による再編期待も波及効果は限られた。

 海運、商社など先駆していた資源系関連も弱く、為替相場が1ドル104円台の円高に進んでいる影響から国際優良株や値がさハイテク株など指数インパクトの大きい銘柄も下げがきつい。
 
 先物市場での弱い動きもあって下げ幅を拡大し、25日線レベルまで下押ししているが、その後はこの25日線がサポートとして意識され下げ渋りをみせているものの、比較的堅調に推移していた銘柄などもポジションをクローズさせる流れから下げに転じてきている。
 東証1部の騰落銘柄は、値下がりはピークからやや減ったものの1410(値上がり247、変わらず66)と全体の8割は超えている。
 
 物色は再編や需給妙味など個別材料中心であり、テーマやセクターなどからの物
色は見られなかった。先物市場でも後場寄り付き直後にショートカバーからか切り
返す動きもみられたが、5分足の一目均衡表の雲下限が抵抗線として意識され、その
後は方向感が掴みづらい展開であった。
 週末の下げであるため心理的にはマイナスイメージが残ってしまうが、1/22安値を起点としたリバウンド基調は引き続き継続しているため、週明けに仕切り直しといったところであろう。
 日経平均は5ヶ月ぶりに月足陽線となり、2ヶ月連続で下ヒゲを残す格好で上昇する一目均衡表の雲上限がサポートとして機能している。
 ムードが悪い中でも中長期スパンでのテクニカルは好転しつつあるため、外部リスクを警戒しつつも押し目を拾うスタイルは継続しておきたいところである。 

 朝の外資系証券13社経由の注文状況は、売り2600万株、買い3000万株、差し引き400万株の買い越し

 NYダウ、コケましたね。^^;後は、日経平均13250円を切るか?切らないか?となってきましたが、CME、結構堅く終わっていますので、結構底固いと思いますが、荒れ相場ですね。
by mytam | 2008-03-01 15:08