人気ブログランキング |
2008年 03月 08日 ( 1 )
天国と地獄?
ネーミングが悪い感じはしますが、昨日の上げは、単にショートカバーのみだった感じですね。株も為替も・・・・・・。
 円・ドルは、ドルキャリーとの声も聞こえる今日この頃、ドル安が進み、一旦は100円を割らなければ、止まらない感じ。一昨日までは、101円が壁との話も有りましたが、原油相場が参考になる感じ。
 問題の株ですが、為替はドルが底割れで、株もとの見方が強いですが、頼りは、FRBの利下げでの投資マインドの転換のみと寂しい限り。
 テクニカル的には、底割れを示唆していますが、年度末の権利落ちの思惑があり、最終的には、月足で陽線との期待感も。
 バーナンキ議長も所詮、学者上がりなので、プレッシャーに弱く、テクニカル的変化ポイントでは、必ず市場要求に対し、満額の回答をだしている。
 NYダウは、12000ドルを割るポイントですが、今の焦点は、金融機関に対しどれだけ、資金注入するか?そしてその資金は、何処から持ってくるのかですね。
 余剰資金を持っているといわれるのは、オイルマネーと言われていますが、実際の外貨準備残高は、中国が一番で、日本が2番なんですね。
 その日本の資金は、米国の国債を買うのみで、他への資金流用はリスクがあるとして、行わないとのことですが、FRBの利下げで米国債の金利は、微々たるものなりつつあるので、運用先の輪を広げ、外国の金融機関への出資を考える時かも知れません。(日銀の総裁を決めれない様な日本政府では、先ず、難しい。)
 
 本題に戻り、日経平均、5日移動平均線の方向に動き、432円安の12782円と2日間で800円以上の変動があったことになります。ただ、25日移動平均線との乖離率が少ない為、市場には悲壮感がなく、淡々と下落を眺めているだけで、タイミングを待っている感じですね。

トヨタ 為替が急激に円高に動いたため、ボリンジャーバンドのー2δオーバーと投売り状態。今更かも知れませんが、2月20日の大陰線包み、見事な反落シグナル。
 今日のー2δオーバーも空売りのシグナルです、前回の4880円を守れるか焦点となってきました。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:81%(前日比+0%)3月6日
新規買い指数** :27%(前日比-9%)
WTIリンク債CALLの買い多い。日経PUTの短期売買活発。

フィスコの村瀬氏は、材料株・中小型株で凌ぐ

 日経平均は大幅下落。432.62円安の12782.80円と終値ベースでは1月22日以来の12800円を割り込んでいる。
 投資ファンドの資金繰り悪化、マージンコール発生が伝えられる中、日本株売り・円売り観測なども強まっており、売り優勢の相場展開となった。
 バスケットも売りのみが観測されており、総見送り商状となる中、物色は売り方の買い戻しなど需給妙味の大きい銘柄のほか、仕手系色の強い材料株などの短期的な値幅取りの流れが中心となっている。
 後場に入ると今晩の雇用統計を控えていることあって様子見姿勢が強まり、日経平均は前場高安の範囲内での膠着となっている。また、中国系ファンドが今後海外投資を見送るといった報道が一部で聞かれたことも参加意欲を後退させている。
 
 サポートとして意識されていた13000円レベルを割り込んでしまい、テクニカル的には1月安値の12500円レベルが意識されてしまっている。
 ただ、薄商いの中でインデックスに絡んだ影響から振れやすくなっており、直近安値割れもイレギュラーの範囲内ともみられるが、反対に外部環境の不透明感が強く、ファンドのデフォルトリスクが高まる中では1月安値とのダブルボトム形成での底打ち感は出難いと考えられる。
 
 その中で質は悪いかもしれないが、低位材料株や中小型株の一角に対する物色は広がりをみせている。単純に値ごろ感で手掛けている銘柄もあるが、代替エネルギー、農薬関連といったテーマの波及となる銘柄も多く、指数の下振れ警戒が燻る中で唯一明るい材料である。
 個人は積極的参加を見送る一方で、需給整理は一巡していると考えられる。あとはきっかけ待ちとなるため、そのシグナルが出てくるまでは材料株での値幅取りが中心となろう。そのほか、来週11日には新興株市場連動型上場投資信託(ETF)「上場インデックスファンドS&P日本新興株100」が上場する。構成銘柄などには手掛かり材料となりそうである。

朝の外資系証券13社経由の注文状況は、売り3830万株、買い2080万株、差し引き1750万株の売り越しとの観測

 追記 為替、早くも101.5円までの円高、日本の渡辺婦人(FX投資家)が、ドル売り・円買いとの見方もあるようで、日経新聞のトップ記事のチャートでは、101円がやはり、ネックライン。
 割れたら、上離れとの事で、95円までは行く感じもしますが、一時的な動きで、半年も経てば、110円に戻るとの見方が、大勢を占めており、少数派が利益を得るのが、この手の話しですので、ズルズルと再度の80円台もありけり。
by mytam | 2008-03-08 19:25