人気ブログランキング |
<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
NY株式市場、104ドル高。
2月の米雇用統計が市場予想を上回た件と原油先物相場も1バレル=60ドルを下回ている事で、104.06ドル高の1万1076.34ドルの急上昇。
為替も1ドル=119円を超す、円安・ドル高。

病み上がりの日本の株価にとっては、最高の追い風になりそうです。
来週の自動車・家電・FA関連株が、期待でき、穴は、海運・航空関連。

東芝、過大な設備投資計画とNAND型フラッシュメモリーの競争激化で、価格低下を招き、株価低落中に追い討ちの表面電界ディスプレー(SED)TVの製造先延ばし、この逆風時に、さらに別のフラッシュメモリー新工場の建設を計画。
(三重県の桑名市に在る工場以外に、設立予定)
東芝は、フラッシュメモリーの市場規模は、年率3割程度で拡大、価格も3割程度下がるとみて毎年約3000億円程度の設備計画している。
現在、フラッシュメモリーは、I podなどの音楽プレーヤーやデジタルカメラ用のメモリーカードとして需要、今後は、携帯電話用の映像メモリーとして、小型HDDと争う見込み。
もし、東芝の目算が正しければ、小型HDD関連株(TDK、昭和電工、日本電産)に、多大な影響を与えるはず。
アナリストの今の見解は、財務体質の悪化やリスクを懸念し、株価は、NAND型フラッシュメモリーの価格に連動して、動くとしている。(毎年3割株価下落?)

SED・TVの件は、キャノンの方に影響が大きく、東芝は、液晶パネル会社にも出資し、両天秤を掛けているので、影響は少ない。と思う。
06年3月期決算発表時まで、軟調な株価になり、発表で一段の下げになるか、反発上昇か?基本的には、西田社長を好きで株を買いたいのですが、・・・・。
また、携帯電話用の映像メモリーは、バッテリー関連を考えるとフラッシュが主力になると思う。
by mytam | 2006-03-11 19:39
アイフル、またもや一斉提訴。
チワワのCMで、好調に貸付金残高増加。
CMイメージと、消費者金融とのミスマッチングで、一部の法曹界から睨まれている状況。
企業業績は良く、連結PERも12倍台で、7100円(2・23)を付けてから、右肩上がり、今日は、130円高の8480円。
貸付金利が、出資法の上限金利29.2%を一気に引き下げられないとの見方から、G・S證券の投資判断も良く、”アウトパフォーム”を継続し、目標株価を1万800円に設定。

対して、アイフル被害対策全国会議の弁護団は、全国30道府県で約300人らの一斉提訴を大阪地裁などに起こし、提訴内容は、利息制限法の上限利率を超えた利息を支払わせた件と取引履歴の不開示に対する慰謝料。
なお、アイフルを相手取り一斉に訴訟を起こすのは昨年7月に続き2回目で、前回は約3億7500万円の請求に対し、約1億3600万円の支払いで和解が成立。

金融庁は、今年の7月を目途に、利息制限法の上限金利に関して答申を纏める方向。

企業イメージは、この提訴で更に悪くなり、好調な企業業績だが、株価は影響を受けると思うし、仮に上がれば、上がるだけ、弁護団から問題視される。難しいですね。

外資系証券12社経由の注文状況は、950万株の売り越し観測で、始値は、弱含みでスタートし、徐々に上昇し、日経平均は78円高の16115円。
SQ日が、78円高で終わったので、3月期は期待。

インデックスチェックで不可思議と思ったのは、イオンが銀行業に進出と言う事で見ていたが、余り上昇せず、不振なダイエーと西友が4%以上上昇。
再建途中の夢を買っているのかな?これを見る限り、先行きが強気な展開になりそう。でも、商社株は不振。(日経夕刊にフォローな記事あり、来週は期待)
by mytam | 2006-03-10 23:29
重荷が、やっと取れた。
朝から、騙し合いのスタートで、笑ってしまう。
外国証券の注文状況が1790万株の売りこし見込み情報、始値は、弱めの15645円から始まり、空かさず、ヘッジファンドの買い戻しの反動上昇で、15950円前後まで上昇し、昼を迎え、1時から量的緩和の方向性不安で、15850円前後まで下落し、2時半頃から、解除決定で、16049円で終了。

止めが、金融庁が、JP・モルガン証券に対し、営業日停止命令を下した。
トレーディング部により、作為的な相場形成を行った容疑。株価指数先物取引業務を、10日~31日の15営業日停止し、不動産ファイナンス部の業務を5営業日停止。
年度末のSQ日に、先のJP・モルガンショックの仕返しを下すとは、与謝野さんも怖い人ですね。
これで、三洋電機の株価が、面白くなってきました。14日の優先株払い込み後、どうなるのかが。

日経平均は400円上がりましたが、恩恵が少なかった。^^;
年度末なので、ねらい目は、好業績や高配当銘柄、また、金利上昇不安から、商社株が、売られて、三菱商事が、2565円。買い時ですが、チャートが?
商社株では、住友商事が、チャート的には好きです。後は、三井物産。

エイベックスが、底を脱し、お勧め。USENが、売却する520万株を今月中に引き渡し、証券会社が機関投資家を中心に転売する予定。
業績は良いので、後は供給面のみの問題、機関投資家への売却なら、転売による下落は無いと思う。

明日、個人投資家の欲求不満が爆発し、大幅上昇を期待。特にソフトバンク。
by mytam | 2006-03-09 23:31
明日は、ターニングポイント
大型SQと日銀の量的緩和政策解除、有・無のWイベントで、株価が乱高下しそう。
特に、午後から日銀の政策決定会合の発表があり、解除される見込みだが、小泉首相など政府の反対意見が多くある。
株価に取っては、解除決定なら、先行きのモヤモヤが、一掃され、自立反発し上昇。
解除先延ばしなら、今月のような株価動向が、4月の頭まで続き、先行き不透明感が募り、株価は下落。最悪、日経平均が15000円を割る事が想定される。
的緩和政策解除後、長期金利は上昇するが、今までが、非常事態で、不自然な形。しかし、最近、銀行株が売られ、消費者金融の株価が上昇、外国証券のローン関連株の評価が良い。(G・S證券、買い評価でアイフルの目標株価、10800円。3/6)
この手の情報は、G・S證券は正確で早い。

最悪の事態を想定し、過激な動きを想定するソフトバンクにアンダーローの買いを取り敢えず保険として入れたとこです。買えたら、アン・ラッキーですが。

期待していたSEDTV,歩留まりが上がらず、年内の販売は、無理のようですね。
東芝、この頃、悪材料ばかり、約5000億円のNAND型フラッシュメモリ工場増設も問題視されているようで、このSQを迎えます。悪材料出尽くしで良いかも??。
キヤノンも、悪材料の筈ですが、問題視されてない、SED製造のため、NECから、キヤノンマシナリーを買収したと思うが、年内の生産ラインの立ち上げは、失敗?。この影響は大きいと思うが・・・。

明日は、最悪事態を想定し、安目買いを狙いたい。トヨタ、ソフトバンク、SBI。
トヨタは、皆狙っていますね。穴は、商船三井かな
by mytam | 2006-03-08 23:27
株決済手数料、小口は増加へ
株式の売買手数料、小口株取引対策として、10月から件数による課金制度を追加する。これにより、取り引き件数を抑制し、システム付加の軽減を狙う。
ライブドアショックの時、東証のシステム容量の限界に近づき、パニック状態になり一時停止、その後、システムの増強は行われ、それに併せ、取り引き時間の時間短縮により、現在、東証は運営されている。
今後は、1件あたり150万円未満の取り引きは、株決済手数料が増加する。
個人投資家に対しての小口注文対策で、ネット證券などが、その課金制度の影響を受け、数千万規模の負担増になる見込み。
将来的には、ネット證券の株式売買手数料が上がる可能性がある。

これもホリエモンの置き土産ですね。

E・トレード證券、ネット證券業界1位で約111万口座を持ち、低価格路線。SBIのネット証券子会社。個人投資家の信用買いが急増し、それが、利益を増大させている。05年4~12月の営業収益は406億円で、営業利益は195億円。

松井証券、ネット取引大手で、信用取引貸付が収益源。約43万口座を持つ。
06年03月予想の営業収益は545億円で、経常利益は360億円。

カブドットコム証券、UFJ、伊藤忠系のネット証券で、10月末30万口座をもつ、4-12月期決算は47億1500万円の経常利益。

マネックスビーンズHD,ネット証券専業最大級で、10月末49万口座をもち、外国為替保証金や代替投信販売も行う。06年03月予想の営業収益は310億円で、経常利益は178億円。

楽天、子会社に三井住友銀行との合弁証券を持つ。細事は不明。

上記がネット證券大手で、株決済手数料増加の影響を受け、チャートも楽天以外同じ様な動き。明日の株価には、悪影響を及ぼしそう。

外国証券経由の注文状況は、1150万株の買い越しで、日経平均は175円安。
ソフトバンクが、債務の件で叩かれ、暴落、これはショックでした。花王が、カネボウを買収した時の様な、前向きな報道が少ない事に、シラケさが加わったと思われる。
スズキの株価、野村のバックアップで、75円高。上手くGMから自社株購入できた。
富士重工時の反省かも知れませんが。
日産のチャート、良いので1500円壁破れるかも。トヨタは少し時間が掛かりそう。

明日の注目は、ソフトバンクと日産、トヨタ、キヤノンです。
by mytam | 2006-03-07 23:21
SB、ショボイ上昇
ソフトバンク、約2兆円のボーダフォン買収劇、東証の株価評価は、ショウボかった。
一番ショックなのは、孫会長かも知れません。しかし、今日の株価、買収交渉には、プラスに働くかも?。

ショウボかった問題点は、2点あり、

米格付け会社S&P社が、日本法人ボーダフォン株式会社の「A+」の信用格付けと優先無担保債券格付けをクレジット・ウォッチとした点で、
ソフトバンクの信用格付けが低いことから、買収後格付けは、BBかそれ以下に引き下げられる可能性がある点。

ゴールドマン・サックス証券、買収の成否は予断を許さないとし、投資家は当面、買収に伴う値下げの競争を想定せざるを得ないとして、通信セクターのカバレッジ・ビューを「ニュートラル」から「コーシャス」に変更した点。
特に、G・S證券とは、買収の件でアドバイザー契約を結んだはず、このコメントは、???。
ナンバーポータビリティ制度の取り扱いで、業績が一変してしまう点を述べたと思うが、・・・・・。
外部から見ると、SBのADSL路線での取った、デフレ拡販方針が、一番の懸念。
この件で、株価上昇は、

ベルパーク ボーダフォン専売の携帯電話販売代理店、05年12月当期黒字転換4.83億円、06年12月予想5.4億円

エスケーアイ 東海地区地盤のボーダフォン端末販売代理店業、05年度第1四半期単体決算は、利益は5300万円、黒字転換

トーシン au、ボーダフォンが主力の携帯電話販売代理店業、06年度予想、経常利益7億5000千万円。

光通信 携帯電話の販売大手で、中小企業向け事務機器・通信回線販売が主力、系列化にエスケーアイを持つ。05年4~12月期連結純利益が163億円と前年同期比で18%増加

ソフトバンク参入にて、携帯電話の販売競争激化で、販社が恩恵を受けるとし、株価大幅上昇。

日経平均上昇は、これもショウボかった。
日銀の量的緩和政策変更の結果は、為替では、土曜日にでており、今は一段と、円安・ドル高。
GMの株式放出報道でも、スズキは、10円しか下落しなく、自動車関連株は、下落方向から上昇基調に反転している。
外国人には、これが見えていると思う、明日の朝の買いに期待。
注目株価として、キヤノン、日産、スズキ、トヨタ、そして、ソフトバンク。
by mytam | 2006-03-06 23:46
SBの掲示板、過激ですね。
前月のSQ前後から、日銀の金融政策変更後の金利不安からの株価安、今回のソフトバンクによるボーダフォン(日本法人)買収により、一掃出来そう。
ヤフーの掲示板を見ると、レスの多い事、多い事、内容的には、当てには出来ませんが、株価のモヤモヤが吹っ切れた感じで、月曜日には、爆破的な買いが、新興IT関連株に、入る感じ。(無かったときに反動は、逆に大きいですが・・・)
今回の買収で、ゴールドマン・サックスとドイツ銀行が、手を組んだのが大きな安心感を与えている。(今まで、反目で叩き合ってきた、代表的な株としてアイフル)

今思うと、インボイスの信用買い倍率105倍は、トラップだったかも知れません。
この株、ソフトバンクとの合弁会社、日本テレコムインボイスが、見通し無いような大赤字、株価も右肩下がり、ドイツ証券の投資判断だけが、三年先には、収益の見通しが付くので、目標株価1万5千円と継続評価。
この再評価で、4200円前後の株が、6300円前後まで跳ね上がり、理由無き上昇と思い、格言の3空上昇後は、売りたたけで、売った人も多いが、持ち越しは、大失敗な感じ。(空売りを狙っていた^^;)
これが、G・Sのやり方??参りました。三洋電機の14日、優先株発行後、怖くて空売りが・・・・。

ジー・モード 携帯向けゲームコンテンツ開発・配信会社、SBの子会社、ガンホー系。経営不振で、営業損益段階から赤字。

デジタルアドベンチャー デジタルコンテンツ配信、06年3月期の業績予想は17億円の赤字。

クラビット、ブロードバンド関連サービスでソフトバンク傘下。英国コードマスターズ社の人気ゲームを獲得、オンデマンドサービスを行っている。業績は黒字。

システムプロ、携帯電話向けソフト開発とWebサイトの連動ビジネスを展開、3月6日決算発表、業績は黒字見込み。

サイバー・コミュニケーションズ ネット広告、電通とソフトバンクとの合弁会社
ネット広告は、06年は約3割の増加となる見通し、グーグルのオンライン広告の鈍化発言で、株価低迷中。業績は、黒字。

上記は、株価低迷中で、SB関連で恩恵を受けそうな会社です。
明日は、反発上昇を期待し、ソフトバンク、インボイス、楽天に注目。
by mytam | 2006-03-05 12:36
ボーダフォンを買収?
Vodafone Groupの日本法人をソフトバンクが、買収協議を行っている事をVodafoneが正式に認めた。
ソフトバンクが、ボーダフォンの元親会社、日本テレコムを買収した時から、噂話は在ったようですが、日本法人が販売不振な点と成長率の高い発展途上国に経営資源を集中させる方針のため。
昨年3月期決算は売上高が前年比11%減の1兆4700億円、経常利益が前年比15%減の1533億円。
不振な主因は、本社が英国にある点で販売戦略が小まめに変更できない事と言われ、打開策は、売却か、経営権を日本法人に移すしかない指摘されていた。
ソフトバンクは、ADSL事業で黒字化になったことで、次ステップの携帯事業に、本格的投資を行う。
以前は、携帯電話は、5年10年かけてじっくりと投資を行うと語っていた。(11.10)
買収金額は、2兆円前後の見通しで、契約加入者数は、1523万台。
買収後は、日本テレコムやヤフーなどグループ会社の営業基盤を活用し、データ通信の新しい機能や、低料金化戦略も進め、消費者への浸透させる方針。

これにて、ワンセグ関連株が、一気に噴出して欲しいです。

ブロードバンドタワー、動画配信のインターネットデータセンターで、親会社が、インターネット総研とソフトバンク。
昨日、ネット総研の売却が完了したとの報告で、ストップ高、決算予想も利益8億円の上方修正。(2・10)

インボイス、企業向け通信料金一括請求サービス最大手で、日本テレコムと合弁の販売会社を持つ。日本テレコムインボイスの赤字が響き、今期3期業績は、183億円の赤字予想。信用買いの倍率が、105倍。恩恵を受けると思うが、買い方が難しい。

インデックス、携帯電話向け情報配信会社、TBSと番組のネット配信の合弁会社設立。SBI証券のバーゲンハンティング株。

インターネットイニシアティブ、新規携帯事業のアイピーモバイルに出資し、IB・Bの期初繰損287億円で、黒字体質定着。

吉本興業、主な収入源はテレビ番組製作で、関西お笑い系の興業主。新規携帯事業のイー・モバイルにG・Sと共に出資。

ソフトバンクグループ(SBI、ヤフー、ガンホー)の株価は、月曜日に跳ねますね、2兆円の買収資金でも、SBIのテクニックで、金利負担は、0.1%前後に抑えれると思う。仮に、0.5%としても100億円の金利負担、残りの利益は、買収資金の償却費に充てれて、当然、買収により各社に、エナジー効果が生まれ、2・3重の投資効果になる。
将来的には、公募増資の懸念はありますが、SBIの北尾会長ですから株価に問題ない。
しかし、量的緩和政策の変更が決まると外資は、今回のように日本から出て行きますね
by mytam | 2006-03-04 21:51
消費者物価指数、+0.5%
年ぶりの高い伸びで、デフレ解消と思われるが、株価はデフレに陥ってしまった。
物価指数が、どちらに転んでも、今日は、下落日だった気がします。

量的緩和政策解除の問題は、今日で吹っ切れ、来週の月曜日には、反発上昇を期待し、○●○○○を予想、SQ時には、日経平均は2月と同じ16500円前後。甘い??

量的緩和政策解除は、4月に先延ばしの感がありますが、懸念材料が残ることになり株価の上昇に影響を与える。
8月の郵政民営化問題で参議院で否決し、それで吹っ切れ、低迷していた株価が右肩上がり、これと今同じ状況。日銀福井総裁の英断を早く望む。

エイベックス・GHD 野村證券の投資判断、据え置き”1”
外国人に戦略ファンド株として、売る予定?。現在、エイベックス株価、低迷中。
USENが、エイベックス株を売却すると発表(2・21)、譲渡先は、証券会社に譲渡し、証券会社は機関投資家を中心に転売を予定。
この證券会社は?何処ですかね??ドワンゴとの提携話でも、エイベックス株下落に歯止めが掛からない、部長の首が飛ぶか、株価が跳ねるかどちらかですね。
450円(3300-2850)*520万株、約23.4億円の赤。

同じ据え置き”1”の住友化学、サウジ・アラムコとの合弁事業、事業規模は予定していた85億ドルから98億ドルに膨らむ見通し、金利高懸念でのこの投資判断、無理がある?。
住友化学も戦略株として、海外投資家に売る予定だと思うけども、伏線で液晶関連品の偏光フィルム増設計画を発表し、98億ドルのサウジへの投資。
アラブには、売れると思うが、判断が難しい
by mytam | 2006-03-03 23:46
消費者物価指数が勝負。
明日に1月の消費者物価指数が発表される、景気動向の目安で、0.5%前後が予想され、高くても低くても株価は下落すると言われて、高かければ日銀の量的緩和政策解除が早まり、株価は一時的に下落、低くけれは、今日の鉄鋼関連のように下方修正??。
前者の下落時、日経の優良株も下がると思われるので、そこを。

2月20日~2月24日投資動向(億円)
          現物   日経先物   TOPIX先物    差引
   自己     1857     -1186      -157     514
   外国人    2815     1280      -23    4072
   投信        434      171       74     679
   生損保     -121      -30      103     -48
   都長地銀      66      10      -70      6
   信託銀行   -1539      -39       64   -1514
   事業法人    -359     -115       1    -473
   個人        -3006       -       -    -3006

上記で、先々週と同様で、外国人は買い越しで、ネックは、信託銀行・事業法人・個人投資家。
証券会社の自己取り引きが買い越しなので、先高感があると推測。
個人投資家の6兆円の信用買いの問題が有るかも知れませんが、3月10日以降は期待したい。

サークル・KS ドイツ証券が投資判断”買い”を継続で、株価上昇。50億円以上の減損損失を計上しているが、予想ベースでPER20倍割れ。今期の純利益は23%の増益が予想されるとしている。
中部地方のコンビニ大手で、ユニー系、愛知・岐阜とセブンイレブンが進出し、軒並み小店舗のコンビニが閉鎖される状態、今は、店舗・駐車場を広げる方向でのリストラを行っている。(結構、廃業のコンビニが目立つ)

米国自動車販売台数、販売奨励策を縮小させる動きで、GM,フォードは不振。
トヨタ、2月はアナリスト10%増予想を大幅に下回る2.4%増。
ホンダ、前年比8.7%増、シビックが好調なため。
日産 前年比2.2%増。

楽天、公募による1株利益の希薄化を懸念した売りで下落。
メリルリンチ證券は、投資判断”買い”を継続し、目標単価を12万3500円としている。
楽天に釣られ、ソフトバンクも下落。
明日の注目は、新日鉄、楽天、ホンダとソフトバンク
by mytam | 2006-03-02 23:29