人気ブログランキング |
<   2008年 03月 ( 24 )   > この月の画像一覧
バーナンキ議長
発言ごとに、株価の足を引っ張るけども、余程悪いのかな?米国の金融機関は?
兎も角、米国の不動産価格の下落が止まらないことには、本格的な株価の回復は無い感じですね。
 バーナンキ議長もそれが判っており、FF金利の利下げを急いでいる感じで、発言が生臭臭いものになり、それに対し、嫌気売りがでている。
 対して、モノライン大手に救済策の進展があるとの報道があり、150ドルほどの下ヒゲを作っている。
(米国の投資家は、利下げはチャンスと見ている向きが多いと言うことが判りますが、FRBの思惑は、金融機関への資本注入の催促と見れる。)
 ただ、東京市場はこの下ヒゲには乗らず重苦しい流で、28円安の12972円の十字線を形成。先行きの不透明感を表しているが、売るほうも材料不足で、米国の雇用統計後の動きを睨んでいる。
 GS証券では、米国雇用統計における非農業部門雇用者数は、前月比フラットに止まる一方、失業率は5%までと。ネガチィブな見方を。
 ただ、年度末での先物のショートポジション解除との思惑が、強気のアナリストらにあり、年度末には14700円との見方も健在。
(テクニカルを見る限り、有り得ないと思いますが、ただ、ショートポジションの積み上げは多い。ロールオーバーで先延ばし??)

シャープ テクニカル的下値ラインの1800円にリーチ、下ブレなら、1700円の下値試しに。
 ただ、ファンダメンタル的には、液晶TVの勝ち組、何時、トレンドが180度変わっても可笑しくない。(円高が、一番ネガティブかもしれませんが?)

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:77%(前日比+8%)3月4日
新規買い指数** :31%(前日比+0%)
インテルPUTの取引多い。日経PUTの手仕舞い売りと日経CALLの買い目立つ。夜間は豪ドル高型の買い増える。

フィスコの村瀬氏は、関連テーマの広がりは明るい材料

 日経平均は20.22円安の12972.06円と膠着感の強い相場展開となり、後場は高安とも前場水準を上回っているものの、値幅は124円に止まっている。
 東証1部の騰落銘柄も値下がりが1000を超えているが、これも終日大きな変動はみられなかった。物色は大手商社が強含みで推移しているが、来期業績に対して総じて減益が見込まれる中で唯一増益基調維持するセクターとしてみられているようである。

 先物市場では大口売買が幾度か入り仕掛け的な動きもみられてはいたが、基本的には来週に控えている先物・オプションSQに絡むロール中心であり、短期筋も早めの回転となるためボックスレンジ内での変動が精一杯であった。

 為替相場は落ち着きをみせているものの、今晩の米国市場では2月のISM非製造業景況指数やMBA住宅ローン申請指数、製造業受注指数などが予定されているほか、週末の雇用統計を意識されているため、物色は引き続き材料株中心となりそうである。 日経平均は値固め的な流れながらも下振れに対する警戒感は強く、積極的な売買を取りに行く参加者は限定的であり、材料株での短期的な値幅取りに限られてしまう。
 
 ただ、太陽電池、リチウムイオン電池といった代替エネルギーなどの環境関連は主力処から低位材料系などに広がりをみせている。全体としては先行き不透明な中で、テーマ銘柄が出てきて、それが広がりをみせてきていることは唯一先行きに明るい材料と。

朝の外資系証券13社経由の注文状況は、売り2990万株、買い1940万株、差し引き1050万株の売り越しとの観測

アーバンコーポ 色々騒がれ、下げ止まらない状況。
ドイツ銀行での資金集めが上手くいかず、600億円の所、270億円しか集まらず、今後の資金繰り懸念から継続的に投げが。
 逆に、資金繰りが成功したなら、異例なV型トレンドが形成する可能性も。
(株価の下落によって保有株を処分する機関投資家なども多く、米国の機関投資家アーチザンパートナーズが保有株を全て処分している事が判明している。)
by mytam | 2008-03-06 07:49
大荒れ相場ですが?
プラス思考で考え、売りたい人売ったと考えたいですね。
取りあえず、日経先物のシコリ玉、綺麗に整理し、後は、反転の機会を待つのみにしましたが、テクニカル的には、3空を開け大陰線での下落は、取りあえず買いの形、また、ボリンジャーバンドもー2δで、一応止まっているので、案外、今晩発表されるISM製造業景気指数などが良く、戻り相場の可能性も??。(幻想的ですね?)

 一般的な見方として、「下げても安値12,572円付近まで」との声が圧倒的ですが、チャートではリバウンド一巡から下げだしまだ3日目と下げ始めたばかり。
 ズルズルと11,500円付近まで下げ続ける形となっても可笑しくありませんと。
by 「マエストロ」
 要は、12800円前後までは、一旦反落し、底値の確認をするとの見方が多い、また、為替の円ドルも、100円の大台は割れないとの見方も。
 また、個別株のチャートは、崩れに崩れているのでとの警戒感も合わせ持っているが、インデックス買いが有れば、景色も変わるとの見方ですね。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:61%(前日比+5%)2月29日
新規買い指数** :26%(前日比+1%)
日経PUTの利食い売り、任天堂CALLの押し目買い多い。米ドル急落を受けて米ドル高型、米ドル安型ともに取引増える。

フィスコの村瀬氏は、1月安値への意識が強まってしまい

 日経平均は大幅下落し、610.84円安の12992.18円と1月23日以来の13000円を割り込んでいる。
 週末のNY市場の下落影響からシカゴ先物は13300円レベルまで下げていたこともあり、売り先行のスタートとなった。また、為替市場では102円台に乗せるなど円高が進行していることも買い手控えムードを強めている。
 ハンセン、上海などアジア市場が底堅い動きをみせたことや、先物市場では500枚単位の大口買いなどから後場寄り直後には一旦戻りを試す動きもみられたが、5分足の一目均衡表の雲下限に抑えられるなど、短期テクニカルポイントも超えられない状況で結局安値引けとなっている。東証1部の値下がり数は1615(値上がり91、変わらず22)と値下がりは全体の9割を超えている。
 
 狼狽売りの流れというよりも模様眺めムードが強く、日経平均はずるずると下げ幅を広げてしまい、安値引けで13000円を割り込んでしまっている。
 出来高も依然低水準であり売買代金も2.4兆円と少ない。そのため2月の直近安値水準での底固めとの意識から1月安値への意識が強まってしまい、市場参加意欲も後退してしまいそうである。
 今晩のNY市場では2月ISM製造業景気指数の発表が予定されているが、これが予想を下回るようだと週末の雇用統計まで様子見ムードが引きづられる可能性があるため、これを受けたNY市場の動向が注目される。
 
 一方、指数はずるする下げているものの、NTTが強含みで推移しているほか、ソフトバンクも一時プラスに転じるなど中小型株を含めた情報通信セクターの一角が堅調であり、円高進行の中で外部リスクを避ける狙いからネット関連などへの物色がみられる。
 また、原油高騰が続く中、環境関連物色がみられていることも注目される。4日に米大統領予備選のミニチューズデー(オハイオ、テキサス州)が予定されているが、オバマ氏優勢が伝えられる中、環境関連セクターに対する物色が強まる可能性もありそうだ。指数は弱含みで推移するものの、円高を意識したネットなど内需系や環境関連物色などで乗り切りたいところであろう。

 朝の外資系証券の注文状況は、売り2410万株、買い1530万株、差し引き880万株の売り越し
by mytam | 2008-03-04 07:41
荒れ相場の感じ。
FRBのバーナンキ議長の議会証言からの反落影響でのドル安、一段の景気浮上政策には、中小の金融機関の破綻が現れなければ、行い難いとの認識を示したと思われ、これに嫌気けですね。
 NYダウは、12000ドル台での攻防と思われますが、日経平均は、再度の下値を試しでの、騰落レシオでの株式売買が一番かも知れませんね
 
任天堂 NYダウが反落すると、ネガチィブな見方が浮上し、格好の売り対象になる銘柄。
 テクニカル的には、55000円でのアイランド形成なので、10%以上のダウンが見込まれ、45000円台で止まるかが焦点。
 ただ、オイルマネーが買っているとの見方があるので、25日移動平均線で止まるとの期待感も?。

ソフトバンク 2つ窓を空け陰線下落、もう一個で、三空となり、反転のシグナル?を形成。(希望的見方ですが)
1850円台での下値を試しに行くか?のどちらかと思われ、嫌な形。
ただ、MACDの0ポイントでの、反転期待感も。

 ロイターでの今週の見通しは、
今週の日経平均株価の予想レンジは、1万3000円─1万3800円
 
 進行するドル安/円高を嫌気し週前半は下値模索の展開になる見通し。
 米経済指標の悪化で景気減速への不安が強まっているほか、米大手保険会社の収益悪化で信用収縮懸念も再び台頭している。
 円高の進行で日本の輸出企業の業績不安も出てきた。ただ、3月入りで配当権利取りの動きも出てくるほか、前週末以降の下落過程でショートポジションもたまっているため、為替が落ち着けば週後半にはいったんリバウンドする可能性も。

一般的に、市場では1月22日の日経平均1万2572円68銭を底とみる声が多い。
 「1月22日の安値で過度な悲観は織り込み済みであり、株価が底割れすることはないとみている。PBRなどのバリューが下支えするほか、自社株買い、中東資金の流入など需給も売り一色ではなくなっている。期末にかけては配当取りの資金も入る。3月末の日経平均は1万4700円程度を予想している」との声。
by mytam | 2008-03-02 20:03
又もやゼロラインで・・・。
日経平均のMACD,12月のリバイバルの形になり、ゼロラインで、跳ね返されいる。
 NYダウは、112ドル余りの下落でしたが、為替で円高に振れているため、日経平均は売られ、322円安の13603円と25日移動平均線まで売られているが、一応、5日移動平均線は上向きなので、トレンドとしては、中立。
 また、月足は、日経平均の60ヶ月移動平均線に、サポートされた形となっているので、多少は期待はありますが、週足は、メチャ悪い。
 救いは、一目均衡表の基準線が平らなので、トレンドとしては、中立と。^^;
ただ、個別株は、かなり厳しい形、トヨタのロウソク足が、十字線となり、この為替が円高に振れている時の迷い線とは、月曜のロウソク足には、興味があります。
 また、東芝、DMIの割りに、MACDの形が悪いので、どちらかが、ダマシですよね、75日移動平均線に頭を抑えられた嫌な形は形ですが、結構強い感じもします。

 eワラント取引概況は、プット・コールレシオ*:56%(前日比+4%)2月28日
新規買い指数** :25%(前日比+8%)
日経PUT売り、日経CALL買い活発。コモディティeワラント取引増える。

フィスコの村瀬氏は、週明けに仕切り直し

 日経平均は大幅下落し、322.49円安の13603.02円。
 NY市場ではバーナンキFRB議長が一部の銀行が破綻する可能性があるとの見解を示し、リセッションは避けられないとの見方が膨らんだことが嫌気された。これを受けてシカゴ225先物は大証比200円強の下げとなっていた影響もあり、幅広い銘柄が売りに押されている。
 特にこのところ買い戻し主導でリバウンドをみせていた金融セクターが総じて週初からの上昇分を打ち消してしまい、昨日のノンバンク4社の統合による再編期待も波及効果は限られた。

 海運、商社など先駆していた資源系関連も弱く、為替相場が1ドル104円台の円高に進んでいる影響から国際優良株や値がさハイテク株など指数インパクトの大きい銘柄も下げがきつい。
 
 先物市場での弱い動きもあって下げ幅を拡大し、25日線レベルまで下押ししているが、その後はこの25日線がサポートとして意識され下げ渋りをみせているものの、比較的堅調に推移していた銘柄などもポジションをクローズさせる流れから下げに転じてきている。
 東証1部の騰落銘柄は、値下がりはピークからやや減ったものの1410(値上がり247、変わらず66)と全体の8割は超えている。
 
 物色は再編や需給妙味など個別材料中心であり、テーマやセクターなどからの物
色は見られなかった。先物市場でも後場寄り付き直後にショートカバーからか切り
返す動きもみられたが、5分足の一目均衡表の雲下限が抵抗線として意識され、その
後は方向感が掴みづらい展開であった。
 週末の下げであるため心理的にはマイナスイメージが残ってしまうが、1/22安値を起点としたリバウンド基調は引き続き継続しているため、週明けに仕切り直しといったところであろう。
 日経平均は5ヶ月ぶりに月足陽線となり、2ヶ月連続で下ヒゲを残す格好で上昇する一目均衡表の雲上限がサポートとして機能している。
 ムードが悪い中でも中長期スパンでのテクニカルは好転しつつあるため、外部リスクを警戒しつつも押し目を拾うスタイルは継続しておきたいところである。 

 朝の外資系証券13社経由の注文状況は、売り2600万株、買い3000万株、差し引き400万株の買い越し

 NYダウ、コケましたね。^^;後は、日経平均13250円を切るか?切らないか?となってきましたが、CME、結構堅く終わっていますので、結構底固いと思いますが、荒れ相場ですね。
by mytam | 2008-03-01 15:08